ロケーションサービス

ロケーションを使用して、効率、交わり、収益を促進する

すべてはロケーションにあり:もはや不動産だけのものではありません。会場施設を最大限に活用する場合は、マイルではなくメートルで場所の測定を開始してください。

ご提案 : 活動の場がコンベンションセンター、小売店舗、キャンパス、あるいは公共のスタジアムのどこであれ、お客様のユーザーはモバイルデバイス上にいます。一歩下がって、これがどのようなことなのかこの現象を考えてみてください。ビジターにより多くの価値を与え、ビジターからより多くの価値を得られる全く新しいチャネルです。

Wi-Fi ロケーションサービスを使用することで、ビジターが施設内を移動すればするほど、彼らのことをよりよく理解し深く関わることができます。それぞれのモバイル接続が、購入時の意思決定に影響を及ぼすものとなり、新たな収益源へのタップとなり、より良い顧客体験を提供するチャンスへと突然早変わりするのです。

ロケーションを把握することで、より良い体験を構築する

コンベンションセンター、空港、スタジアム、ショッピングモールなどの人の往来の多い場所では、ビジターはゲスト用アクセスを期待しています。たいていの会場施設では、現在、キャプティブポータルを使って接続を提供しています。しかし、これは単に 1 つの接触ポイントに過ぎず、ビジターは通常できるだけ早くここを通過してオンラインアクセスへと急ぎます。

コムスコープは、お客様が Wi-Fi をより多くの方法と場所で提供するお手伝いができます。サポート Wi-Fiネットワークを使用して、ビジターが誰とどこにいるかについてカスタマイズ型の有用な情報を提供します。RaGaPa のようなエコシステムパートナーのソリューションでは、ビジターが閲覧している HTTP ページにカスタムコンテンツ (会場マップ、ターゲットを絞ったプロモーション、アンケート、ビデオ) を透過的に挿入できます。

存在感およびコンテキスト対応の交わりで新たな収益を切り開く

Ruckus スマート位置判定技術 (SPoT™) により、施設全体に渡るビジターの足取りを追跡、可視化することができます。この技術を AisleLabs、Purple、Cloud4Wi、Encapto などのパートナーのソリューションと組み合わせることで、ビジターたちがどこにいるのか、お客様スペースで何をしているのかに基づいて、リアルタイムでビジターと対話できます。つまり、最も重要な場所とタイミングでメッセージを発信できます。

学生やゲストのノートパソコンやタブレットを取り戻す

学術、ヘルスケア、またはエンタープライズなどの大規模キャンパスでは、人々はあらゆる種類の機関または IT 部署所有のデバイスを使用しています。そしてこれらのデバイスは、行方不明になる傾向があります。デバイスが常にどこにあるのかを知ることができたら素晴らしいと思わないでしょうか。サポート SPoT 資産追跡を使用することで、あらゆるデバイスをリアルタイムで簡単に表示および管理し、盗難や紛失を防ぐことができます。

近接性を利用する

小売業者、ホテル、公共施設、広告主は、ビジターとの交わりを Wi-Fi だけに依存しているわけではありません。現在、Bluetooth Low Energy (BLE) ビーコンのネットワークが多く使われており、近接性に基づく交わりが推進されています。統合型ジンバルおよび iBeacon 機能を備えた サポート Wi-Fi ネットワークを使用すると、Wi-Fi とともにビーコン近接ネットワークを管理および監視することができます。BLE を使用してビジネスパートナー、スポンサー、デジタル広告のネットワークとセキュアに接続し、Wi-Fi を収益化して、より対象を絞った交わりを実現できます。