Wi-Fi 通話

一貫した、信頼性のある Wi-Fi ネットワーク上の音声をお届けします。

人々は Wi-Fi上の音声サービスを何年もの間使用してきましたが、その体験は必ずしも優れてはいませんでした。通常、Skype のような個別のアプリを使用することになる、加入者の標準音声サービスとは統合していませんでした。そして途切れのある音声品質や接続の損失も、サービスの一部のようなものでした。

現在では、コムスコープは、サービスプロバイダーが顧客に対して完全に透明化された方法で、Wi-Fi 上で信頼性の高い音声サービスを提供することをサポートしています。トラフィック量の多い地域の加入者には自分たちのブランドと一貫した音声サービスを提供しながら、ネットワーク容量を増やしてコストを削減することができます。

途切れない音声をお届けする

現在のモバイル市場は、競争が激しく、そして加入者の解約は高くつきます。Ruckus Wi-Fi ソリューションは、ビル内のセルラーシステムの代替または補完として、むらのあるカバレッジエリアに一貫した音声体験をもたらすのに役立ちます。

コムスコープは、トラフィックを Ruckus Wi-Fi ネットワークにオフロードするにつれ、セキュアで信頼性の高い音声サービスを簡単に適用できるようにします。特許取得済みの Ruckus BeamFlex + アンテナ技術は、Ruckus SmartCast 技術がトラフィックの多い地域でも明瞭な通話を提供するために音声トラフィックを優先しながら、継続的にユーザー接続を最適化します。

通話の発信と着信—ローミング、特別なアプリやログオンの必要性は一切なし

Wi-Fi 通話には過剰なアプリや異なる加入者体験が必要な理由現在、モバイル事業者は Voice-over-LTE (VoLTE) を使用して、加入者のスマートフォンのネイティブダイヤラーを使用して、Wi-Fi 経由で通話を自動的にルーティングできます。高性能で、高い信頼性を持つ Ruckus Wi-Fi 技術は、標準のセルラー音声スタックをお持ちの IP マルチメディア・サブシステム (IMS) 複合体に接続します。加入者やデバイスの管理をするために同じバックエンドシステムを使うことができます。さらに、Ruckus Fast Handoff ローミング機能により、加入者は通話中に Wi-Fi アクセスポイント間を簡単に移動することができます。加入者は、必要なときに彼らが期待する高品質の音声サービスが用意されていることを知っています。

ネットワーク容量をインテリジェントに増大する

音声トラフィックを Wi-Fi にオフロードすることは、使用率と加入者が最も増加している一貫した音声サービスを提供するための、最も速く、最も費用対効果の高い方法です。マクロ、マイクロ、およびピコセルのインフラストラクチャの構築を続けながら、加入者を待たせることはありません。同時に、モバイル事業者は音声トラフィックを透過的に Wi-Fi へと受け渡すことができます。加入者は、混雑したエリアでも信頼性のある、クリアな音声サービスを手に入れることができます。また、既存のマクロへ投資した設備の寿命を延ばしながら、より実用的にネットワークのアップグレードを計画することができます。