Wi-Fi 通話

安定して信頼できる Voice over Wi-Fi ネットワークを実現します。

私たちは Voice over Wi-Fi サービスを何年もの間利用してきましたが、その体験は必ずしも良いものではありませんでした。一般に、これは Skype のような独立したアプリの利用を意味しますが契約者の標準的な音声サービスと統合されていませんでした。音声品質にむらがあったり、接続が失われたりといったことは、当然のことでした。

現在ではコムスコープは、サービスプロバイダーが信頼できる Voice over Wi-Fi サービスを提供することのお手伝いができます。それも、顧客に完全に透明化された方法でです。お客様は、ネットワーク容量を増やしてコストを削減する一方、ブランドと調和した音声サービスを通信量の多い地域の契約者に提供することができます。

途切れのない音声を届ける

現在のモバイル市場は、競争が激烈であり、契約者離れは高くつきます。サポート の Wi-Fi ソリューションによって、お客様はビル内セルラーシステムの代替または補完として、むらのある電波範囲に安定した音声体験をもたらすことができます。

お客様はトラフィックを自社 サポート Wi-Fi ネットワークにオフロードできるため、セキュアで信頼性の高い音声サービスを簡単に配信できるようになります。Ruckus SmartCast 技術によって音声トラフィックが優先しながら、特許の Ruckus BeamFlex + アンテナ技術によってユーザー接続が連続的に最適化されるため、通信量の多い地域でも極めて明瞭な通話ができるようになります。

発信と着信 — ローミングや特別なアプリ、ログオン不要

どうして Wi-Fi 通話では OTT アプリが必要になり、別の契約者体験が必要になるのでしょうか?現在では、モバイル事業者は Voice-over-LTE (VoLTE) を使用して、契約者のスマートフォンのネイティブダイヤラーを使用して、Wi-Fi 経由で通話を自動的にルーティングできます。高性能で、高信頼の サポート Wi-Fi 技術では、 標準のセルラー音声スタックが IP マルチメディアサブシステム (IMS) コンプレックスにを接続されます。契約者やデバイスの管理をするために同じバックエンドシステムを利用できます。そして、サポート Fast Handoff ローミング機能により、契約者は通話中に Wi-Fi アクセスポイント間を簡単に移動できます。契約者は必要なときに必要な高品質の音声サービスがあることを完全に承知しています。

ネットワーク容量をインテリジェントに増大する

音声トラフィックを Wi-Fi にオフロードすることは、使用量と契約者が最も増加している地域で安定した音声サービスを提供するための最高速で最も費用対効果の高い手段になりえます。マクロ、マイクロ、およびピコセルのインフラストラクチャーの構築が完了するのを契約者に待ってもらってはいけません。それまでの間、モバイル事業者は音声トラフィックを透過的に Wi-Fi に渡すことができます。契約者は、輻輳した地域でも信頼性のある、極めてクリアな音声サービスを利用することができます。お客様は、既存のマクロ投資設備の寿命を延ばしながら、よりプラグラマティックにネットワークのアップグレードを計画できるようになります。