ERA

オールデジタル型ビル内ワイヤレスソリューション

エンタープライズおよび大規模公共施設、ユビキタス、複数通信事業者のビル内ワイヤレス接続は、従業員の生産性や顧客満足度、そしてブランドの評判向上においてさえも、ますます重要になってきています。ビルオーナーと管理者にとって、優れたワイヤレス接続は不動産の価値を高めることができます。モバイル・ネットワーク・オペレーターやニュートラルホスト、システムインテグレーターにとって、システムは設置や管理が経済的であり、進化するモバイルテクノロジーと顧客のニーズに対応できる柔軟性を備えている必要があります。

ERA® は、個別オフィスビルから大学のキャンパスおよびスタジアムまで、様々な施設で 2G、3G、4G、5G をサポートするように拡張できます。

トレンド

モバイル・ファーストのトレンドアイコン

モバイル・ファースト

私たちのモバイルデバイスは近年ますます、情報にアクセスして目的を達成するための主要な手段となっています。ただし、いかに素晴らしいデバイスでも、シグナルが到達できる範囲のみでの話です。

ユーザー体験オブセッションのトレンドアイコン

ユーザー体験オブセッション

ビジネスとブランドは、私たちが顧客と従業員に提供する体験の上に構築されています。当てずっぽうや気の遠くなるような時間を費やすことなく、正しい情報を人々が便利に使えるように届けることが重要です。

5G への進化トレンドアイコン

5G への進化

GSMA によると、5G は多くの国で一般向けに利用可能になっていますが、その接続の 95 % は未だ LTE、3G、2G 上に展開されています。ビル内システムは、すべてのレガシーサービスをサポートしながら、5G へのシンプルかつ経済的な方法も提供しなければなりません。

システム

ERA は完全かつ、マルチ運用型の 2G/3G/4G/5G ソリューションです。システムは次のものから構成されます。

  • サービスプロバイダーの基地局から RF と CPRI を取得し、ビルのファイバーや銅ケーブル全体に渡り伝送するためにこれらをデジタル化する、オンプレミスまたは集中型 RAN ハブに配置されたヘッドエンド
     
  • ビル、施設会場、またはキャンパス全体に信号を拡張する、分散型輸送拡張ノード(TEN)
     
  • 無線通信向けに無線周波数 (RF) にデジタル信号を戻すために変換する、関連アンテナおよびパッシブデバイス

システムは完全モジュール型であり、信号入力、輸送メディア、周波数帯域、無線伝送の電力レベルを任意に組み合わせ、カーペットが敷かれているオフィスビルから複数の建物があるキャンパス、空港、スタジアムに至るまで、あらゆる環境ニーズに対応できます。

ERA システムの概要図

参考資料

isnKJiqN1qWUXyXSEw8sqD
概要ビデオ 

ビデオ

当社がいかに革新的なビル内ワイヤレスサービスを提供しているかを 3 分間のビデオでご説明します。

CPRI のサポート

インタラクティブ

遠隔無線ヘッドのラックを 15 x 30 cm (6 x 12 インチ) のカードに縮小法。

詳細

ERA CPRI サポート

ロマリンダ大学病院

ロマリンダ大学病院

ケーススタディ

病院が患者の体験をいかに向上しているかをご覧ください。

ダウンロード

業界認識

ブログ

Leading Lights は、次世代製品における卓越した業績を認識する通信業界トップのアワードプログラムです。

詳細

ERA C-RAN アンテナシステムが、2018 年の Leading Lights 賞を受賞