構内配線標準規格

皆さんのネットワークが進歩を続ける技術と足並みをそろえるためには、戦略的な投資が必要です。今日良いものが、明日も良いものであるとは限りません (例えばベータ・ビデオテープがそうです)。業界に対しての深い考察と理解があり、変化に従ってそれに見合うように機器を設計・製造するパートナーが必要です。

私たちがお手伝いします

エンタープライズのネットワークソリューションを開発しているグローバルリーダーとして、私たちが携わるそれぞれの業界における主要な標準化団体に積極的に関与しています。実際にこの過去数年間で、30 人以上の規格の専門知識を持ったチーム構成員たちが、世界中で実施されている累積して 60 にのぼるケーブル配線、インフラストラクチャー、機器やアプリケーションに関するそれぞれ別の規格プロジェクトに参加しており、新しいアプリケーションに対応する際に、私たちの提供するネットワークソリューションがスムースに作動するようにしています。

これは進歩と革新をし続けるという当社の絶え間ないコミットメントであり、当社の専門家たちはエンタープライズのネットワーク・インフラストラクチャーのパフォーマンスを向上させ、より効率性を高めるために役立つ研究や技術を共に実施しています。

長期的な成功に導く援助をするコムスコープが、パートナーである皆さんのネットワークに以下のソリューションをもたらします:

  • 安定したプラットフォーム
  • 産業におけるコンプライアンス
  • オープン技術、複数のシステムにまたがって効率的に展開します
  • 高い信頼性と品質
  • 使いやすさと維持費の削減

コムスコープのエンタープライズ向けソリューション。効果を発揮する規格へのアプローチです。


規格アドバイザー:

当社の構内配線業界に関連する規格の四半期ごとの更新情報と、その更新がネットワークの設計、計画および運用に及ぼす影響。  

2020 年度第 2 四半期の規格四半期アップデート


 

規格についてさらに詳しい情報が必要ですか?以下の各団体を選択するとそれぞれ表示されます: