スマートキャンパス

仕事、学習、そして安全性を変革するコネクテッドキャンパスを構築する

今日のスマートキャンパス向けネットワークは、生産性、効率、学習、および安全性を高めるように設計された接続の基盤上に構築されています。信頼性の高い高速ファイバーリング、屋内施設ファイバー、PoE (power over ethernet)、および給電ファイバーは、Wi-Fi、セルラー、IoT ネットワークカバレッジ (屋内外) の強固なインフラストラクチャーを作成します。コンバージドされた有線およびワイヤレス管理ソリューションにより、サポートを簡素化し、ネットワークパフォーマンスが向上し、何もかもが使いやすくなります。

重要な IT 資産以上の価値があるキャンパスネットワーク (とそれが可能にするものすべて) は、組織のビジョンと価値を反映しています。スマートな大学キャンパス、スマートな医療機関キャンパス、またはスマートな企業キャンパスのいずれを構築するにしても、コムスコープは未来の形成と変革をお手伝いします。

課題とチャンス

smart-campus-ceros-hero-400b

ユニバーサル接続

ユニバーサル接続は、スマートキャンパスの重要な要件であり、あらゆるタイプのユーザー、デバイス、アプリケーションをサポートしています。これには、次の銅線とファイバーのバックボーンを特徴としたキャンパス全体のネットワークが含まれています。すなわち、ユビキタスなワイヤレスカバレッジ、屋内外の Wi-Fi およびセルラー、高速スイッチと信頼できる給電ファイバー、それに加えてこれらすべてを一緒にするためのビジョンと経験です。

ハイパーコネクテッド・キャンパスを見る
smart-campus-security-solution-brief-hero400b

安全とセキュリティ

従業員やゲスト、学生の健康と幸福を守ることほど重要なことはありません。スマートキャンパスの安全性は、次の相互接続されたネットワークに依存しています : IoT ベースのセンサー、インテリジェント照明、スマートロック、ビデオ監視、キャンパス全体での Wi-Fi、IoT およびセルラーカバレッジ。

スマートキャンパスのセキュリティソリューション概要を読む
thapar-institute-of-engineering-cs-hero500

ネットワークの管理容易性

スマートキャンパスの堅牢なインフラストラクチャーの背後にある技術は、驚くほど複雑です。しかしこれを管理することは複雑であってはなりません。コンバージドアクセス・ネットワークは、キャンパスの WLAN と LAN 管理を簡素化し、同時に統合型 IoT ネットワーキングが独立したネットワークサイロを排除します。スケーラブルなスイッチと構内配線により、リッピングや交換無しに簡単かつスムーズに拡張できるようになります。自動インフラストラクチャー管理は、移動、追加、変更を効率的に管理し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

Thapar Institute のケーススタディを読む
University-of-Tennessee-case-study-hero500

コネクテッド・エッジデバイス

キャンパスはそれぞれ異なりますが、すべてのキャンパスが共通した課題に直面しています : キャンパス全体でネットワークの信頼性と物理的な安全性を確保するために、いかにさまざまなリモートデバイスに給電および接続するか。コムスコープのスマートキャンパス向けソリューションは、環境に侵入することなくこれを可能にします。

大型キャンパスの体験から学ぶ

コムスコープを選ぶ理由

Better user experiences
より良いユーザ―体験

Wi-Fi から屋内セルラー、そしてその間にあるあらゆるものまで、コムスコープのワイヤレスネットワークはオールウェィズ オン型のユーザーをあらゆる場所から場所へ接続します。より良いユーザー体験とは、より生産的な職場環境を意味します。

Reliability and security
信頼性とセキュリティ

構内配線、有線および無線アクセスなど 40 年のネットワークでの経験により、コムスコープは、人とモノのための安定したセキュアな中断しない接続である IT および OT ネットワークを構築します。

Simplicity and efficiency
簡潔性と効率

コムスコープは、ネットワーク要員を最小限に抑え、ワイヤードおよびワイヤレスインフラストラクチャーの統合、ネットワーク監視の自動化、そして物理層全体を管理する単一のソースを提供することで、ネットワークの複雑さを解消します。

Improved business outcomes
事業成果の改善

コムスコープのオープンなネットワークアーキテクチャーと技術パートナーエコシステムにより、業界特有の業務上の課題に対処するソリューションを提供できます。

その他のリソース

表示順:

フィルター

  • 注文ガイド:キャンパス向けファイバーソリューション - 北アメリカ

    A guide for designing NAR campus fiber networks and ordering the components for a complete fiber backbone.
    ダウンロード
  • パンフレット:G2 Family Portfolio

    The G2 Family of panels and cassettes seamlessly integrates to maximize the potential in your network using a minimal amount of part numbers.
    ダウンロード
  • ケーススタディ:ノヴァト統一学区

    RUCKUS Wi-Fi とクラウド管理でノヴァトの学校を再開することで、より多くの可能性を開く
    ダウンロード
  • ケーススタディ:ブラックプール・アンド・ザ・フィルドカレッジ

    ブラックプール・アンド・ザ・フィルドカレッジは、RUCKUS® Cloudpath Enrollment System を使用して、デジタル学習ベースの大学になるという同大学のミッションを実現すべく、ワイヤレス接続を簡素化しています。
    ダウンロード
  • ケーススタディ:ビクター・セントラル・スクール・ディストリクト:デジタルラーニングを地区全体に普及

    ビクター・セントラル・スクール・ディストリクト (VCSD) は、ニューヨーク州のロチェスターからおよそ 12 マイル離れた郊外にある学区です。この学区は、未就園児から 12 年生までの 4,500 名の生徒が学んでおり 600 名のスタッフが従事しています。古くなったネットワークに対応するため、VCSD はインフラの将来性を確保する必要がありました。
    ダウンロード
  • ケーススタディ:フェアファックス郡公立学校:Cloudpath Enrollment System による BYOD の採用 

    シェルトンは、地域が所有する資産を超えて、学生が所有する機器にテクノロジーの教育的利用を拡大する機会があると考えました。BYOD (Bring-Your-Own-Device) として知られるようになったこの新しいモデルには、数多くの潜在的なメリットがありました。テクノロジーはもはや研究室に隠されたものではなく、すべての学生のポケットの中にあるのです。テクノロジーの教育的利用は、授業期間によって時間制限を受けることはなく、またその可用性も、もはや地区の IT 資産に限定されることもありません。つまり、教育体験はいつでも、どこでも、どんなデバイスでも利用できるということです。
    ダウンロード