CommScopeの低レイテンシーDOCSIS®

遅延の影響を受けやすいアプリケーションに最適なラウンドトリップレイテンシーを

遅延の影響を受けやすいアプリケーションのユーザーにとっては、ネットワークのレイテンシーは頭の痛い問題です。ゲームは反応が鈍く、ビデオのバッファリングには時間がかかり、AR/VRの使い心地はとてもリアルなものとは言えなくなります。さらに、一種のレイテンシーであるジッターは応答速度を予測不能なものにしてさらに問題となります。

低レイテンシーDOCSIS(LLD)はHFCネットワークに高速レーンを作ることでレイテンシーとジッターを大きく低減し、ネットワーク通信事業者に高付加価値の低レイテンシーサービスによる新たな収益源を提供します。

CommScopeは家庭からインターネット、またその逆も含めて、低レイテンシーのパフォーマンスをお約束するエンドツーエンドのLLDソリューションを今すぐお届けできます。

VyYZguUjhN3VaQEYdKqSfd

課題とチャンス

Gaming-LLD-end-to-end-hero-500x281
低レイテンシー、エンドツーエンド

CommScopeのLLDソリューションは遅延の影響を受けやすいトラフィックを特定してこれを分離し、高速レーンに乗せます。このためネットワーク通信事業者は加入者の求めるスピードと応答性を備えた強力なプラットフォームを提供できます。

 

Gaming-LLD-new-service-revenues-hero-500x281
新たなサービス収益

多くのゲーマーが勝ちたいと思っています。こうしたゲーマーはLLDで得られるメリットにお金を払う用意があり、ネットワーク通信事業者の新たな収益機会をもたらします。LLDはゲームの他にもビデオ会議、AR/VR、音声サービスなどのレイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションにもチャンスを作り出します。

Gaming-LLD-happier-gamers-hero-500x281
低レイテンシーでゲーマーも満足

ゲーミングでは操作をしたときに直ちに応答を期待しますが、レイテンシーのために遅れが生じるとゲーマーをはいらだちます。CommScopeのLLDソリューションは往復の遅延を数百ミリ秒から15ms未満に削減してこれに対処します。さらに、LLDはジッターも低減するため、より予測可能なレスポンスタイムを実現し、競争力を高めます。

コムスコープを選ぶ理由

業界初のLLDソリューション

CommScopeは、業界初のエンドツーエンドLLDシステムで、ニーズとソリューションのギャップを埋めます。このシステムはCableLabs LLDの仕様を拡張し、低遅延トラフィックを特定してLLDの高速レーンに乗せるという革新的な方法をを採用しており、全く新しいサービスを切り拓きます。

DOCSISでのリーダーシップ

DOCSISについては、CommScopeの革新技術とリーダーシップにお任せください。CommScopeは世界中のネットワーク通信事業者様に2億台を超すDOCSISデバイスと10,000 台以上のCMTSを出荷してきました。

詳細

未来の可能性を探る

CommScopeは未来のネットワークを形作り続けます。CommScopeの多岐にわたる製品群、柔軟なアーキテクチャ、高度なサービスで、サービスプロバイダーはそのブロードバンドネットワークを常に進化させ続けることができます。
銅線、光ファイバー、有線と無線インフラでの弊社の比類ない技術は、材料設計から最も複雑なアーキテクチャや帯域幅での課題の解決まで、今日のネットワークを支え、明日のネットワークに道を拓きます。常に次に来るものを予期して、お客様が常に先を行けるようにいたします。

詳細

2021年以降のブロードバンドの構築

通信ネットワークが私たちの生活に今までよりも大きな役割を担っていることには疑いがありません。CommScopeは現在のネットワークを最大限に活かし、レイテンシーを削減し、帯域を拡張し、アップストリームを改善し、この先何年にもわたって収益機会を拡大する新たなソリューションへの投資を支援する企業です。

詳細