プライベートネットワークおよび CBRS

独自の LTE ネットワークでビジネスに不可欠な課題を解決できます。

プライベート LTE ネットワークにより、安全で超高品質の専用ネットワークのみが安心して対応できる通信の課題に取り組むことができます。重要なユースケース :

  • 広範囲をカバーするセキュアな高解像度ビデオ監視
  • セキュリティチームと運用チーム向けの重要なコミュニケーション
  • 遠隔からの車両および機器の制御
  • 自動案内付き車両 (AGV) の接続性
  • モバイル POS (POS) およびモバイルキオスクの接続性
  • 画像、ビデオ、診断向けのモバイル高容量データ転送
  • 公共事業、公共の安全、乗客輸送車両向けのモバイル接続
  • 産業オートメーション用の低遅延の接続性(業種 4.0)

これらとその他のユースケースは、以下をはじめとするさまざまな業種および環境に該当します。空港、病院、ホテル、製造、市町村、港、駅構内、公共の会場施設やスタジアム、学校、大学

これらの実現をサポートするにあたっては、市民ブロードバンド無線サービス (CBRS) 帯域を活用し、急成長の CBRS 対応デバイスとエンドポイントのエコシステムを利用して、独自のプライベート LTE ネットワークを構築することができます。

サポート CBRS LTE ポートフォリオは、アクセスポイント (AP) と関連するクラウドサービスから構成されています。プライベート LTE ネットワークの運用に必要な要素があります。

コムスコープをご利用いただくことで、プライベート LTE ネットワークの導入は、電波範囲の定義、サポート LTE AP の設置、必要なクラウドサービスの契約、システムの電源投入と同じくらい簡単になります。

その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    市民ブロードバンド無線サービス (CBRS) - 現在最も重要な新しいモバイル技術

    FCC は最も重要な技術方針導入の最終段階に入っています。The agency has set aside 150 MHz of wireless spectrum in the 3.5 GHz cellular band for citizens and companies to share as they see fit, rather than auctioning it off for billions to the highest bidder. 市民ブロードバンド無線サービス (CBRS) 共用周波数帯は、米国におけるワイヤレス通信の歴史的な転換となる可能性があります。サポート Networks は現在、この取り組みの具現化に専心しています。
    ダウンロード
戻る / 2 次へ