Wi-Fi ローミング

Wi-Fi ローミングを簡単にする

モバイルユーザーは可能な限り早く、砂漠のオアシスのようにオープンな Wi-Fi ネットワークへと急ぎ、 Wi-Fi に群がります。しかし、通常は次のようなそのための作業が必要です。適切なネットワークの検索と選択、ポータルを通してのログイン、そしてその資格情報を複数回再入力しなければなりません。ですから、公共の Wi-Fi サービスが飛躍的に成長している間は、このようなことがユーザーにとって面倒なことでもあります。つまり、展開している事業者たちは、それ以外で得られるほど多くの使用率と価値は目にしていません。

Wi-Fi が携帯のローミングのように機能し、ユーザーがデバイスの電源を入れるだけでオンラインに行くことができれば便利ではないでしょうか。802.11u ワイヤレスローミング規格と Hotspot 2.0 があれば、それは可能です。

お客様を「コネクテッド」する

Hotspot 2.0 は公共の Wi-Fi を加入者に対して、携帯ローミングと同じくらいシンプルに透明性を持たせます。どこにいてもローミングパートナーネットワークを自動的に検出し、安全に接続できる携帯電話のように、ユーザーは Wi-Fi 上で同じ体験を得ることができます。

モバイル事業者、あるいはケーブルプロバイダー、公共の Wi-Fi を提供しているその他のユーザーであろうが、他のプロバイダーとローミングパートナーシップを結び、お客様の Wi-Fi 接続を全国および世界中で簡単に行うことができます。これはつまり、より多くの収益チャンス、顧客とつながるためのより多くの方法、そしてより満足した加入者を意味します。

セキュアな接続を簡単に

Hotspot 2.0 を使うと、ユーザーが加盟ネットワークの近くにいるときに、事業者やその加入者は事前またはリアルタイムで、適切な資格情報とセキュリティ証明書をデバイスにロードします。その後、ユーザーがホームネットワークプロバイダーから遠ざかるたびに、デバイスは、加盟ローミングパートナーからの Hotspot 2.0 対応ネットワークを自動的にチェックします。利用可能な場合は、ユーザーは自動的に接続します。

Wi-Fi プロバイダーは、デジタル証明書、ユーザー名とパスワード、SIM ベースまたは非 SIM ベースの資格情報など、加入者のデバイスを接続するためのさまざまなオプションを持っています。これらは、公開キーインフラストラクチャ (PKI) を使用して、接続を認証および暗号化できます。そして、加入者がいつ、どこで、どのようにサービスを最大限に利用できるかについてのポリシーを厳しく制御できます。