マクロセルサイト

ワイヤレスネットワーク拡大のあり方を考え直す

止まることを知らないセルラー通信の勢い、そして近く訪れる 5G 時代。そんな中、ワイヤレスネットワークのマクロセルサイトへのアプローチが再考を迫られています。幸い、すでに数歩先を行くコムスコープでは将来に向けた体制は万全。

常に最前線にいたいという情熱を胸に、当社では基地局の効果・効率を可能な限り高めようと絶えず新しい方法を模索しています。革新的なアンテナシステムからフリーエア冷却システム、設置が簡単な一体型プラットフォーム配備ソリューション (IPDS)屋外エンクロージャーまで、コムスコープはマクロセルサイトの建設・維持をスピーディに市場での運用に持ち込み、その経済性をこれまでになく高めています。

ファイバー・トゥ・ザ・アンテナ (FTTA) ソリューションを武器に、当社ではタワースペースを節約した上でなんとかファイバー敷設を簡単にしようと開発に取り組んでいます。 また RF 伝送システム設計と統合・フィルターソリューションの改良・改善を継続的に行い、すべてのネットワークで厄介な減衰やパッシブ相互変調 (PIM) が最小限になるよう努めています。

コムスコープでは、ワイヤレスネットワークが常に変化していることを理解しています。だからこそ当社は、お客様がお客様の顧客と今日も明日もより良くつながれるようスマートなソリューションを提供します。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。