テレコム銅線ネットワークから最大化されたバリューを手に入れましょう

既存の銅ケーブルをラストワンマイルから加入者のホームまでの距離で利用することで、サービスプロバイダーはより多くの ROI を得ることができます。G.fast などの新しい銅ケーブル技術は FTTdp (ファイバー・トゥ・ザ・分岐ポイント) として知られていますが、これらの技術はノードやキャビネットがホームから 500 メートル以内の場所にあった場合に、150 Mbps からギガビットの速度を保証します。

しかしながら、このようなスピードを実感するには、銅線ネットワークはピーク状態で動作する必要があります。このような理由から、世界中のネットワークオーナーたちは、次のようなことをサポートするために、実証されたテレコミュニケーション銅ケーブルソリューションに依存しています:

  • メンテナンス — 既存インフラストラクチャの修復と強化
  • アップグレード — キャビネット / point-of-presence (POP) コンポーネント用の追加と交換
  • 移行 — 光ファイバーから銅線の間をシームレスな通信を促進する「ラスト・メーター」のソリューション
  • 中央局の小型化と整理統合 — 中央局のインフラストラクチャを縮小して、より小規模または遠隔シェルター / コンテナへの移行を容易にするコスト効率が良いソリューション。

コムスコープでは、お客様のネットワークを最適化して寿命を延長することができる革新的なソリューションを提供しています。ですから、弊社が次に何を提供するかについては、安心して信頼していただけます。

以下に向けたソリューション
テレコム銅線

注目のコンテンツ
Powered By OneLink