Cat 6A: ファクト ファイル

Cat 6A: 20 年の時を経て、現在も成長を続けています

Cat 6A は 2004 年にコムスコープの SYSTIMAX® GigaSPEED® X10D 形式で最初に登場しましたが、2009 年まで正式には標準として公開されていませんでした。しかしその頃までには、高帯域の銅ケーブル接続の次の波を可能にする将来の配線カテゴリーとして業界全体に知れ渡っていました。このためケーブルメーカーたちはすぐに複製を試み、標準化団体は合意された規格の公表を余儀なくされました。

今振り返ってみると、このことによって今日の企業には欠かすことができない、帯域幅を大量に消費する多くのアプリケーションの開発と展開が可能になったことがわかります。そして、これはまだ完成には至っていません。現代の新しく構築された推奨されるインフラストラクチャiであり、今後何年にもわたってその重要性を保っていくことを約束しています。その成功の証は、規格の最初の草案から 20 年近く経っても未だ成長を続けるこの販売量にも見られます。

In this article, we will also explore why Cat 6A took over previous categories (Cat 5, Cat 5e, Cat 6) and why it’s a better option than - theoretically superior - copper cabling types such as Cat 7, Cat 7A and even Cat 8.

SfGSpL66N8A6QRLUjTr4Tw

SYSTIMAX 配線の技術概要

Would you like to read offline?

進化と用途

Cat 6A の適格性

Cat 6A を支える科学

リソースとケーススタディ

i 2010 年に発表された TIA-1179 は、医療施設におけるすべての新規設置にカテゴリー 6A を推奨し、データセンター外での新規設置にカテゴリー 6A を推奨した最初の規格です。 同様に、2014 年に公表された TIA-4966 は、有線および無線接続に必要な高性能インフラストラクチャの必要性に基づいて、新しい教育施設にカテゴリー 6A を推奨しています。

ii 同上

iii PoE 実装ガイド (commscope.com)

携帯電話よりも、Cat 6A が長年にわたって愛用されてきた理由

Cat 6A は誕生以来 16 年、今もなお愛され続けています。Cat 6A がこれほどまで高い耐久性を持つテクノロジーである理由がわかります。

読む

最新情報を常に入手

エンタープライズソースを購読すると、新しい記事が投稿されたときに最新情報を受け取ることができます。