OBI フリーの RFoG でファイバーを構内まで延長

コムスコープの OBI フリー RFoG ソリューションは、HFC ネットワーク内ファイバーのリーチを自宅または事業所まで拡大します。既存の HFC ヘッドエンドと顧客施設内の機器は、引き続き使用することができます。また、光ビート干渉 (OBI) の問題を解消することにより DOCSIS 3.1 の能力を最大限に引き出し、オールファイバー型 10G PON ネットワークへの移行を見据えたインフラストラクチャーを提供します。

RFoG とそのメリット

RFoG(光ファイバー高周波)は HFC(ハイブリッド型ファイバー同軸)ネットワークの同軸部分を PON(パッシブ光ネットワーク)アーキテクチャに置き換えるファイバーディープ・ネットワーク・アーキテクチャです。ファイバー・トゥ・ザ・ホーム/ファイバー・トゥー・ザ・プレミシス(FTTH、FTTP)は新築の集合住宅 (MDU)、法人、利用頻度の高いコンシューマーにとって経済的に賢い選択です。

RFoG はネットワーク内における HFC ノード、RF 増幅器、タップ、パッシブを不要にし、既存のケーブルヘッドエンド、加入者の装置(モデム、ゲートウェイ、セットトップボックス)、バックオフィス・サポートシステムの活用を図ります。

RFoG ネットワークは既存の HFCシステムに匹敵する方法で加入者に機能とサービスをシームレスに提供することができます。
コムスコープの RFoG ネットワークは、現行の HFC ネットワークと比べて、次のようなパフォーマンス上の明確なメリットを提供します。

  • 実績ある DOCSIS 3.1 サービスのサポート
  • 集合住宅や未開発地域で導入する場合は経済性の高い選択肢となる
  • 郊外での新築住宅に導入する場合は HFC に匹敵するパフォーマンス
  • アップストリームとダウンストリームの帯域幅を拡張し、同軸の実装に伴う RF ノイズや RF 侵入を排除することでネットワークリーチを大幅に拡大
  • エネルギーを節約し、同軸の配備よりも環境に優しいほか、停電時のネットワーク・ダウンタイムを減らすというメリットを提供
  • HFC ノードや RF 増幅器が不要になることで運用コストとメンテナンスコストを大幅に削減
  • 同軸ケーブルを経時的に劣化させる温度、電解腐食、湿度などの環境要因に対する耐性
  • ネットワークでの光ビート干渉 (OBI) を排除する複数の選択肢を提供
  • HFC および FTTx の両アーキテクチャ間を効率的にブリッジすることが可能で、オールファイバー型高帯域 10G PON ネットワークへの移行に必要なインフラを提供

hfc-rfog-comparison.png

その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    完全ファイバー化への移行の陰と陽:既存の HFC 資産を活用しながら HFC を完全ファイバー化する

    本文書では、OBI のない RFoG 伝送を可能にするイノベーションに対する重要な知見を紹介しています。ハイブリッド PON (HPON) 技術に内在する機能を取り上げ、この技術における既存の HFC アナログおよび QAM ビデオ、D3.0、D3.1 信号の取り扱いについて解決しています。この技術はまた、10G EPON、1G EPON、 GPON および XGPON1 などの従来の無数の PON 規格に対して完全に即応しています。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    OBI に打ち勝つ!RFoG システムにおける OBI の対処

    RFoG (RF over Glass) 技術によって高容量化が可能なハイブリッドファイバー同軸 (HFC) ネットワークを実現し、2020 の 10 年もの間延命させることができます。RFoG システムでよくある主な課題の 1 つは、光ビート干渉 (OBI) です。本文書では、RFoG における OBI 現象とそれがネットワークの性能に及ぼす影響に焦点を当てています。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    HFC から FTTP へのトランスフォーメーション:RFoG、PON およびハイブリッドソリューションの役割

    内容:HFC はどのぐらい存続するのか?この移行期間を通じて HFC の寿命を延長させるには、どのような戦略を導入すればいよいのか?筆者は、今後 10~20 年にわたって必要とされるネットワーク容量の変化と、スムーズな移行を実現するために必要なアクションに関する知見を提供しています。トピックとして、キャパシティプランニング、 DOCSIS 3.1 の概要、ハイブリッド PON、スケーリングの面での考慮事項などを取り上げています。
    ダウンロード