DOCSIS 3.1 導入

既存の HFC ネットワークを未来へと

さまざまなオプションや機能があふれているため、 DOCSIS 3.1 への移行作業は面倒に感じるかもしれません。2023 で 10+ Gbps のダウンストリーム、1+ Gbps のアップストリーム配信の実現することは、とんでもないことのように思われます。

コムスコープでは、そのお手伝いができます。ファイバーを顧客に近づけるのであれ(ファイバーディープ)、PHY 層に直行周波数分割多重方式 (OFDM) に導入するのであれ、コムスコープにはお客様を成功に導く知識と経験、ソリューションがあります。

協力しあうことで、私たちは現在のネットワーク構成とサービス目標、予定、そしてもちろん、予算にも合わせた多段階アプローチをとることができます。

課題とチャンス

ネットワーク対応

ネットワークの対応度評価

確かな DOCSIS 3.1 移行計画は、既存の HFC ネットワークを評価して、 DOCSIS 3.1 に準拠するために、どのようなハードウェア、ソフトウェア、および構成変更が必要になるかを確認することから始まります。

一般にネットワークの対応度評価では、以下を確認します。

  • CMTS 機能。各サービスグループのサービス目標を達成できるよう、現在の CMTS を DOCSIS 3.1 互換の CCAP デバイスにアップグレードすることは可能か?
  • コアツーエッジ ルーティング機能。十分なポートと容量があるか?適切なシステムソフトウェアがインストールされているか?
  • 運用支援システム (OSS) およびビジネス支援システム (BSS)。現在のバックオフィスおよび顧客対面システムは DOCSIS 3.1 のサービスレベルに完全に対応可能か?
  • 屋内設備。屋内設備の RF 経路上のコンポーネントは DOCSIS 3.1 に対応可能か?電力、減衰および入/出力は十分なレベルにあるか?新しいケーブルの敷設に物理的な障害はないか?十分なラックスペースがあるか?
  • 屋外設備。RF 経路上を通るファイバーノードから家屋までの HFC インフラストラクチャーは、1 GHz+ 順方向スペクトルと 85 MHz+ リターンスペクトルの基本的な DOCSIS 3.1 構成に対応できる構成か?

コムスコープを選ぶ理由

基準の確立

コムスコープはネットワークソリューションの設計者かつ作成者として、TIA 光ファイバー・テクノロジー・コンソーシアムやイーサネット・アライアンスなどの団体と連携し、ネットワーク技術の向上を図っています。

詳細

 

止まることをしらない革新

コムスコープは次世代ネットワーク技術における当社のリーダーシップを拡大する一方、ネットワークの規模と速度、レイテンシーを劇的に改善する 3 つの飛躍的技術を発表しています。

詳細

認証

認証済みのパフォーマンス

コムスコープでは、ピーク性能を実現するソリューションを構築するばかりでなく、その認証も行っています。そのため、ネットワークで期待した通りのデータだけを確実に受け取ることができます。

詳細