分散型アクセスアーキテクチャ (DAA) への進化

分散型ネットワークの進化に対応するビデオ機能とデータ機能

帯域幅の使用量は年々増え続けており、この傾向は消費者によるインターネット上のビデオサービスの利用が要因となっています。これを受け、サービス プロバイダーは、IP ビデオ、4K ビデオ、ビジネスサービスの提供に向けてサービスを拡大しようとしています。ネットワーク需要への対応をはじめ、物理的なスペース、消費電力、ヘッドエンドロケーションでの冷却などの現実的な制約が、ネットワークの進化を推進しています。

分散型アクセスアーキテクチャ (DAA) はヘッドエンド機能とネットワーク機能を分散化・仮想化することによりケーブルネットワークの進化を実現します。DAA は、ヘッドエンドやハブドメインのデジタル部分を光ファイバーノードに延長し、ノード内の光と同軸の境界にデジタル/RF インターフェースを配置します。ヘッドエンドのアナログ光学部品を置き換えることで、ファイバーリンクがデジタル・ファイバー・イーサネットリンクに変換され、利用可能な帯域幅を拡大することによってファイバー効率(波長および距離)が高まり、将来の NFV/SDN/FTTx システムと方向性を合わせることができます。

HFC ネットワークはアナログファイバーの配管によって定義されます。DAA は、アナログファイバーを IP 接続(デジタルファイバー)に置き換え、以下をサポートするソフトウェア定義のネットワークを構築します。

  • リモート PHY およびリモート MAC-PHY によるノードの進化
  • アナログレーザーを排除したデジタル光学部品への移行
  • 加入者宅に近いデジタルファイバー
  • 集中型データセンターへの移行
  • 柔軟性の高い広告、チャネル・ラインナップ、帯域幅管理

fiber-deep.png

DAA アプローチの利点

DAA アプローチの利点

  • ネットワーク効率
    • ネットワーク容量の拡大と屋外施設のメンテナンスの簡素化
    • リモート PHY、リモート MAC-PHY、リモート 10G ePON OLT によるノードの進化
    • 末端における信号の品質改善、高変調レート、高ビットレート
    • スペクトル効率の向上、ファイバーあたりの波長の拡大
  • 運用および設備投資におけるメリット
    • ヘッドエンドの電力、スペースおよび冷却の要件の低減
    • ハブの統合
    • RF を組み合わせたネットワークを変更することなく QAM を追加
    • 設定後の手間が不要なデジタルファイバー
  • IP コンバージェンス
    • IP ネットワークをノードまで拡張
    • FTTx 拡張との整合性
    • 標準ベースの相互接続性およびスケールメリットを活用する能力

サービスプロバイダーにとって、追加のファイバー敷設、ノード分割の実装、ヘッドエンド設備のアップグレードを実現するためのリソースには多額の投資が伴います。DAA は、通常のプラントとサービスのアップグレードで、従来のサービスを中断することなく徐々に導入可能です。

ケーブル業界に長年にわたり貢献してきたコムスコープは、ブロードバンドおよびビデオサービスの配信において 20 年以上の経験を有し、継続的な開発とサポートを行っています。

  • 高速データ
  • CMTS
  • HFC インフラストラクチャー
  • ビデオインフラストラクチャー
  • CPE(ケーブルモデム、セットトップボックス、ゲートウェイ)
  • FTTx への移行
  • バックオフィスサポート
  • 運用サービス

その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    未来の分散型 CCAP アーキテクチャシステムにおける迫り来る課題と可能なソリューション

    このホワイトペーパーでは、分散型 CCAP アーキテクチャ (DCAs) の3つのサブクラスの分析に焦点を当てています。著者はこれらの DCA について解説し、運用コスト、使いやすさ、インフラストラクチャの互換性、設計の簡潔性で比較しています。読者は、それぞれのアプローチのメリットとデメリットについて理解を深めることができます。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    DAA、DOCSIS® 3.1、および全二重 DOCSIS® 時代のネットワーク移行戦略

    ネットワークの進化が猛烈なスピードで続く中、適切な進路を選ぶことは簡単ではないことに MSO 事業者は気づいてきています。本稿では、MSO 事業者が 1 秒当たり数ギガバイトのサービスを提供するよう になった要因、そうしたサービスを提供するのに役立つ実現技術、およびその他の移行の道を進むのに役立つ指針となる要因を検討しています。MSO 事業者はネットワーク移行の助けとなり、その目標・目的を達成するための技術および手段のツールキット一式を用意する必要があります。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    ケーブルのファイバー展望調査レポート

    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    SDN で分散型アクセスデバイスを管理する:FIB 管理のための運用の集中化

    本稿では、ソフトウェア定義型ネットワーク (SDN) をリモート CCAP アーキテクチャーの一部として利用し、リモートデバイスのプロビジョニングと管理の両方を行う方法を取り上げています。また、今日のバックオフィスプラットフォームと集中型 SDN コントローラーとのコーディネーションを利用してネットワークリソースのオーケストレーションを行い、ネットワーク全体の迅速なサービス導入を可能にする方法について取り上げています。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    PON の集中型と分散型アクセスアーキテクチャーの比較

    本稿では、ケーブルネットワークでこの十年に登場するであろう 2 つのクラスのアクセスアーキテクチャーを定義、比較します。10G EPON DPoE システム向けの複数波長技術の採用を提案し、3 種類の CAA DPoE システムを検討します。
    ダウンロード
ネットワークトランスフォーメーション向けサービス

アクセスネットワークのトランスフォーメーションとネットワーク導入、インフラストラクチャー管理、エンジニアリングプロジェクトの信頼できるパートナー。