デジタル社会を構築する

未接続の接続

どこに行くにも、何をするにも、私たちは常に接続がオンで、常につながっていることを期待しています。

この期待は、パーソナルコミュニケーションから、私たちの理解、参加、仕事、学習、生き方に至るまで、デジタル進化と連動して発展してきました。ネットワークは不可欠なユーティリティであり、常時接続されたオンデマンドの社会は、未来に向かって引き続き指数関数的成長を遂げることでしょう。

ネットワークは、新しいテクノロジーと成長する需要とともに進化する一方で、将来の拡張と最適化のための柔軟性と適応性を維持するという絶え間ないプレッシャーにさらされています。コムスコープは、社会のつながりを推進し、豊かにする主要なテクノロジーに焦点を当て、次の動向を予測しています。ユニバーサルな接続性の構築における課題と、デジタル・ディバイドを橋渡しするソリューションについて、詳しく見ていきましょう。

topic1-test-image-1.jpg

パート I

未接続の接続

接続性が期待されるようになるにつれ、私たちは、ネットワークを水道や光熱のように必需品として考えることが不可欠になっています。

そのため、ワイヤレス接続またはブロードバンドおよび有線ソリューションを通じて、できるだけ多くの人にネットワークへのアクセスを提供する革新的なソリューションを生み出すことが課題となっています。このアクセスの恩恵を受けることになるのは、発展途上国や恵まれないグループだけでなく、多くの大国における設計制約に直面する郊外社会、農村地域、その他の遠隔地もあります。

この課題に加えて、多くの場合、単にインフラストラクチャを作成するだけでは効果的なソリューションではありません。信頼性、データ制限、速度制限、高価なサービスはすべて、接続と未接続との溝を深める要因となります。物理接続の構築に加え、効果的で手頃な価格のプログラムを通じて接続へのアクセスを可能にすることが重要です。

コムスコープは、接続の手段を持たない人々を接続し、経済的平等と成長を促し、社会的な移動性と参加機会を推進します。私たちは、人、都市、産業がつながり、機能するのを助ける真の公益事業として、接続性という概念の実現を目指しています。

63 %

世界中でインターネットが利用されていない農村部の家庭1

<60%

アジア・アフリカにおけるインターネット普及率2

40 %

ブロードバンドがない米国の学校3

参考資料
1. https://www.itu.int/en/ITU-D/Statistics/Pages/ff2020interactive.aspx
2. https://www.internetworldstats.com/stats.htm
3. https://www.pewtrusts.org/en/trust/archive/summer-2019/americas-digital-divide

Connecting-the-unconnected-creating-access-hero-600x337

アクセスを可能にするためのワイヤレスソリューション

エイボンデールの住民の多くにとって、自宅でのインターネットアクセスは不可能でした。コムスコープが、オハイオ州のこの低所得地域の人々に、他の地域社会では当然とされているパブリック Wi-Fi ネットワークのすべてを構築した様子をご覧ください。コムスコープはまた、この地域の住民の生活を向上させるデジタルサービスやプラットフォームへのアクセスを生み出すために、パートナーとともに投資を行いました。

Connecting-the-unconnected-digital-divide-hero-600x337

教育におけるデジタル・ディバイドを乗り越える

遠距離学習は、子供の日常生活において大きな部分を占めており、ブロードバンド・エクイティとデジタル・ディバイドは、今日、米国の一部地域ではかつてないほど大きくなっています。学校がデジタル・ディバイドをなくすために使用しているクリエイティブな方法をご覧ください。

詳細についてご覧ください
コムスコープの次の手を見る
パート I

未接続の接続

接続性が期待されるようになるにつれ、私たちは、ネットワークを水道や光熱のように必需品として考えることが不可欠になっています。

パート II

接続の強化

コムスコープがどのようにして、より強力なネットワークを構築し、信頼性を高め、帯域幅を増やし、高速化を実現するかをご覧ください。

詳細