RUCKUS

コンバージド型有線およびワイヤレスのエンタープライズ・ネットワーク

RUCKUS® ネットワークは IT の業務を簡素化すると同時に、素晴しいユーザー体験を提供できるようにします。RUCKUS 製品とソリューションがあれば、サイズや複雑さにかかわらず、どの組織もコンバージド IT/OT ネットワークを容易に導入、管理、拡張し、独自のビジネス成果に対応できます。機械学習や AI の助けにより、IT はトラブルシューティングを高速化し、絶えず変化するユーザーニーズにプロアクティブに対応できる SLA を策定、測定、実践できます。

RUCKUS クラウド

RUCKUS クラウド

AI 対応ネットワーク管理をサービスとするプラットフォームである RUCKUS クラウドは、集約されたネットワークの管理、トラブルシューティングの迅速化、優れたユーザー体験の提供を容易にする無駄のない IT を実現します。

詳細

製品カテゴリー

ソリューション

RUCKUS アライアンスパートナー

ケーススタディ

参考資料

クラウド管理型ネットワーク:これはあなたに適していますか?

アナリストのウェビナー

ネットワークのパフォーマンスとセキュリティは、ネットワーク管理者の最大の関心事ですが、今日のネットワークのダイナミックでますます予測不可能になる性質により、新たな盲点が生み出され、この要件を実現することがますます困難になってきています。このウェビナーでは、クラウドベースの管理の長所と短所、あなたの組織に適しているかどうか、優先すべき機能は何かについて理解を深めます。ぜひご参加ください。

リプレイを見る

当社のお客様の声*

レポート

Gartner Peer Insight の「Voice of Customer」、優先および無線 LAN アクセスインフラストラクチャー(2020年2 月)でコムスコープが取り上げられました。Gartner Peer Insights は、IT の専門家および技術の意思決定者によって執筆され愛読されている IT ソフトウェアとサービスを評価およびレビューのオンラインプラットフォームです。この「Customers' Choice」で優秀だと認められることは、エンドユーザーである専門家によるフィードバックと評価に基づいています。

詳細

RUCKUS ネットワーク・ポートフォリオ

製品ガイド

アクセスポイントやスイッチからコントローラー、クラウドサービス、ソフトウェアまでに至る、RUCKUS エンタープライズネットワークのポートフォリオをご覧ください。

ダウンロード

技術特集:ネットワークの可視性および分析

アナリストのホワイトペーパー

今日のエンタープライズネットワークオペレーターは、前例のないレベルのネットワーク健全性とパフォーマンスデータを手にしています。ただし、データを最大限に活用することは非常に困難な課題であり、最新のクラウドサポート型の、機械学習を活用した分析プラットフォームが必要です。

詳細

Wi-Fi6: 今知るべきこと

アナリストのウェビナー

エンタープライズが Wi-Fi を規定のものとし、しばしば唯一のネットワークへのアクセス方法となり、ユーザーが新しいデバイスやアプリケーションを採用し、IoT の導入が加速するにつれ、エンタープライズ Wi-Fi ネットワークに対する需要は増え続けています。このウェビナーでは、Wi-Fi 6 で利用できるテクノロジーの改善点と、ネットワーク管理者がそれのための準備をおこない活用するために今できることについて説明します。

詳細

貴社の BYOD オンボーディングは、ネットワークセキュリティを侵害していますか?

アナリストのウェビナー

ESG Sr. アナリストおよびプラクティスディレクターの Bob Laliberte が、エンタープライズ IT 環境内で過小評価されている脆弱性ポイントという点から、ネットワークアクセスについて議論します。プレゼンテーションには、RUCKUS Cloudpath Enrollment System がネットワークオンボーディングと認証のデフォルト方法に関連した IT セキュリティの欠陥にどのように対処するかの詳細も含まれています。このウェビナーは、ESG ホワイトペーパー の姉妹編です。

* GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS' CHOICE のバッジは、Gartner, Inc. および/またはその関連会社の商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用されています。All Rights Reserved. Gartner Peer Insights Customers 'Choice は、文書化された方法論に対して適用された個々のエンドユーザーレビュー、評価、およびデータの主観的な意見で構成されており、これらは Gartner やその関連会社による見解や推奨を示すものでもありません。