RF 伝送システム

パッシブ相互変調を抑えてネットワークの可能性を解き放つ

ワイヤレスネットワークの進化に合わせてタワーにはアンテナや機器が加えられていきます。そうすると、データや音声の質を限られたものにしたり損なわせたりするシグナル干渉を受ける可能性も大きくなります。粗悪なケーブル構成による減衰や RF リーケージ、タワー負荷や誤った設置が原因のパッシブ相互変調(PIM)などはその例ですが、いずれにせよ、アンテナや無線がいくら最新型のものであっても RF 伝送システムが標準レベルに達していなければ優れたパフォーマンスを発揮することはできません。

当社が、手がける RF パス・ビルディングブロックの一つひとつにこだわるのはそれゆえなのです。標準サイズから 4.3-10 以下のケーブル、低 PIM ジャンパー、コネクタ、そしてアダプターやアクセサリまで、当社は RF 伝送システム製品の開発・検証を行いながら、その導入が容易で優れた機械的信頼性を発揮するものになるよう努めています。当社では伝送ケーブルアセンブリに対しても厳格なテストを行うことで、現場での性能を保証しています。例えば SureFlex® D-CLASS™ ケーブルアセンブリの場合、製品が広告通り性能を発揮するとお客様に確信していただけるよう、ラボでの個別テストと合わせて、タワーの振動、悪天候など実際の現場の動的環境下でも試験を実施しています。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

インフラストラクチャー・アカデミー・コースで詳細をご覧ください。
有用なツールをご覧ください
Powered By OneLink