終端処理済みファイバーソリューション

データセンターサービスを短時間でオンラインに

データセンターをオンラインにする際に、ケーブルインフラストラクチャーの設置や接続ほど、多大な労力が必要な作業はありません。現場での人力による終端処理、トラブルシューティング、ミスの修正が発生すると、配備時間やダウンタイムが長くなり、設置コストが増大します。そして、帯域幅と格納データへの需要が加速し続けたときには、欠かすことのできない高スピードへの移行は、簡単でコスト効率良い高密度ファイバーソリューションがサポートします。

コムスコープの終端処理済み高速配線ソリューションで、プロセスの加速、コストやエラーの削減を実現し、データセンターがオンラインになるまでの時間を短縮します。当社ではまた、お客様のファイバー密度需要にマッチするファイバーパネルの豊富なポートフォリオを取り揃えています。それはすべてSYSTIMAX®構内配線ソリューションの包括的ポートフォリオの根幹を成します。

InstaPATCH® 360 終端処理済みファイバー配線はモジュール・トランクの設計であるため、カスタム化が可能であり、40G、100G、それ以降への移行が容易で、導入を迅速に行えます。幅広く深い InstaPATCH 360 ポートフォリオは、今日必要なファイバー密度と将来の高速化に対応する柔軟性をサポートしています。LazrSPEED® 300 (OM3)、LazrSPEED 550 (OM4)、LazrSPEED OM5 ワイドバンドおよび TeraSPEED® OS2 ファイバーでご利用いただけます。

SYSTIMAX UHD シェルフ は LC と MPO 接続のための最大密度を提供し、imVision® AIM システムをサポートしています。

SYSTIMAX HD シェルフは、LC および MPO 接続のため高密度プラットフォームを提供し、imVision AIM システムをサポートします。

Rapid Fiber™ ソリューションは、必要に応じてアンスプールが可能な終端処理済みファイバー長で導入をさらに加速化することができます。

当社の UCP パネルは同じパネル上で銅ケーブル接続もサポートする密度が低めのプラットフォームを提供します。

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink