マルチテナント型データセンター向け終端処理済み銅ケーブルソリューション

インフラストラクチャーをスピード、効率、そして自信でアップグレード

コロケーション環境では、インフラストラクチャーがテナントのパフォーマンス、そして MTDC 所有者の収益の決め手となります。最先端のスピードと帯域幅があれば、誰もが満足できますが、銅線インフラストラクチャーのアップグレードには中断やダウンタイムが伴います。

そこで、登場するのがコムスコープの SYSTIMAX® 終端処理済み銅線システムです。このシステムは、業界をリードするパフォーマンスだけでなく、中断を低減し、無駄を最小限に抑え、コストを削減しながら、インターネット接続までの時間を短縮する、迅速かつ正確な敷設を提供します。当社工場の管理された条件下で組み立てられ、最高水準のパフォーマンスを発揮するよう工場でのテストと認証を受けており、どの設置も短時間で確実に行えるようになっています。

InstaPATCH® Cu は当社の終端処理済みシステムであり、お客様特有の事情にあわせてカスタム化でき、包括的な構内配線ソリューションを構成します。お客様はケーブルタイプ、色、長さ、端末タイプ、設定、ラベリングを選ぶだけで、初日からすぐに簡単にインストールし動作させられる高品質なアセンブリが届きます。

テナントでも所有者でも、コムスコープの終端処理済み SYSTIMAX ソリューションなら、パフォーマンスと収益を向上させることができます。

 

注目のコンテンツ
Powered By OneLink