屋外スモールセル接続ソリューション

今日では人口の半分以上が都市部に居住しているため、帯域幅と速度に対する人々の需要の増大に対応するのは簡単なことではありません。

中心部に集中した高層ビル、もしくは人々やビルが散在した環境であっても、ネットワーク容量とサービスの受信範囲を拡大するという根本的な目標のほかに、それぞれの場所の固有の課題があります。

スモールセルアーキテクチャは、スペクトルが高価でかつ限られている場所では、容量を増加するための理想的なアプローチです。しかし、RF 損失やパッシブ相互変調 (PIM) の影響をより受けやすく、スモールセルアーキテクチャが促進するよう設計されている、まさにそのメリットの効果を弱める可能性があります。私たちがお手伝いします。

コムスコープのメトロセル接続ソリューションには、小型 RF コンポーネントの製品ラインが含まれます。これは、損失を最小限に抑えながら、スモールセル接続を容易にするため、狭い都市空間に最適です。

ハイライト

  • ファイバードロップケーブルが、RRU から有線ネットワークへのプラグアンドプレイ型 FTTA 接続を提供
  • 曲げやすく、1/2 インチ径ジャンパーのパフォーマンスを持つ、径の小さい LSF2 ジャンパー
  • 4.3-10、Nex10、およびオープン規格の 2.2-5 設計など、小型サイズコネクタのオプション
  • 一端は、すばやい取り付けが可能な工場での設置および試験済みのコネクタで、もう一端はジャンパーを正確な長さに切断するための開放端
  • 過度の高温または低温の環境でも信頼性のあるシーリングを提供する、4.3-10 コネクタのための耐候性

すべてのソリューションはカスタマイズ可能です。お客様特有のスモールセルニーズに合った互換性のあるコネクタを提供します。また、この最小限の重量と小型フットプリントが、迅速かつ簡単な配備を可能にします。

その結果どうなるか?あらゆる環境において、ネットワーク容量と最適パフォーマンが向上します。

FTTA/FTTNの挑戦の演説

LTEおよび5Gネットワークのための繊維の配置で可能であるものを押す方法を学びなさい。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink