C-RAN スモールセルで今日と明日の屋内のポテンシャルを最大化

モバイル事業者が LTE の配備を続けている中でも、契約者らはすでに次のテクノロジー、特に 5G に期待しています。サービスはその両方をサポートしなければならず、膨大なモバイルデータの大半が消費される屋内ではそれがさらに重要です。しかし、屋内に信頼性の高いワイヤレスサービスを供給することを考えると、問題はより難しくなります。信号伝播や契約者の集中、セル境界での干渉、配備コストなどにどう対応すればよいのでしょうか?

良いニュースとしては、LTE から 5G ニューラジオ(NR)に移行できる屋内ネットワークでは高い収益性が見込め、今後長く契約者のニーズを満たすことができます。もうひとつの良いニュースは、コムスコープもこの機会に乗り出すということ。それが OneCell® です。

迅速に配備しつつ屋内のカバレッジ問題を解消

コムスコープが業界に先駆けて開発したクラウド RAN(C-RAN)アーキテクチャ OneCell で、建物内の複数のアクセスポイントにわたる単一の「スーパーセル」を構築。ハンドオーバーや境界線における干渉をなくすことで、高信頼性で高速、低遅延のサービスを実現できます。また、セルの仮想化により、複数のユーザーが同じ周波数を動的に共有することが可能になり、システム容量を増加できます。

Ruckus からのビル内ワイヤレスソリューションについて

Ruckus がビル内ワイヤレス用に提供する、ソリューション、製品、サービスについて。

アクセスポイント launch
CBRS LTE Portfolio launch
ICX Switches launch

ARRIS と Ruckus がコムスコープに加わりました - 詳細

OneCell はインテリジェントなベースバンドコントローラーと、分散無線エンドポイントで構成されています。それらの連携で、今日の LTE ネットワークを向上し、将来の 5G 導入に不可欠な屋内でのパフォーマンスとコストのメリットが得られます。

  • ユーザー中心設計: 物理的なスペースでなく、ユーザーとそのデータ需要に応じてカバレッジと容量、機能を最適化
  • エッジインテリジェンス: ユーザーやデバイスの場所、動向の変化を検知し、それに対応 - 位置認識を向上し、付加価値サービスの提供を支援
  • イーサネットフロントホール: 広範囲にわたるイーサネットインフラストラクチャーの普及を活用 - 5G NR フロントホールの仕様と Wi-Fi に似た配備モデルによる完全な互換性
  • プログラム可能なラジオ: ソフトウェアのアップグレードによりベースバンド処理を変更して、新しいラジオ標準に対応する、完全にプログラム可能なロジックを使用

今日の LTE と今後の 5G テクノロジーの利益化を考える時、OneCell は配備、維持、拡張のコスト効率に優れた手段です。その力で、インフラストラクチャーへの投資からの収益を促進・増幅できます。

スモールセルのプロビジョニングと管理を自動化して調整

無線アクセスネットワーク(RAN)の要であるスモールセルは、スモールセル同士およびマイクロネットワーク間で連携する必要があります。しかし、マイクロ基地局とは異なり、無線周波数(RF)に関する専門知識が限られたユーザーにより、しばしば高ボリュームの配備が行われています。

そこで、スモールセルネットワークには、プロビジョニングや無線周波数の最適化、継続的な運用およびサポートのための自動化されたツールが必要となります。コムスコープのデバイス管理システム(DMS)プラットフォームは、スモールセルネットワークのプロビジョニングプロセスを自動化し、アクセスポイントが数百または数千にのぼっても、ネットワーク内のスモールセルの連携を迅速かつ容易にします。DMS の機能:

  • プラグアンドプレイによる確実なプロビジョニング:接続されたスモールセルに対して、100 を超える重要なネットワークと無線周波数のパラメータを自動的に設定します。
  • 契約者へのサービスの最適化:自己組織ネットワーク(SON)アルゴリズムによって、スモールセルの RF 特性を最適化し、パフォーマンスを最大 90 パーセント改善します。
  • ネットワークの運用を簡略化:プロビジョニングおよびスモールセルとマクロの調整、デバイスソフトウェアのアップグレードを行うツールによって、複雑な運用の手間を省きます。
  • 強力なカスタマーサポート・ツール:視覚的に理解しやすいダッシュボードにより、サポート担当者は顧客の問題を迅速に識別して解決することができます。
  • 標準ベースのオープンなアーキテクチャ:一般的な TR-069 デバイス管理プロトコルに準拠。標準ベースのインターフェースにより、既存の業務支援システム(OSS)とネットワーク管理システムとの統合をサポートします。
  • 拡張性:単一のシステムを拡張すれば数百万のデバイスの管理が可能に。
OneCell の可能性を発見

全モバイルセッションの 80 パーセントは屋内で発生している現状で、5G 戦略には屋内外を問わないアプローチが必要です。そこでコムスコープは OneCell をご用意しました。現状を支援し未来を強化する方法については OneCell に関する情報をご覧ください。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink