ビデオデバイス プラットフォーム

高品質ビデオデバイスでユーザーのテレビ体験をトランスフォーム

有料テレビのサービスプロバイダーは、顧客を惹き付けて離さない家庭のメイン画面(テレビ)環境を差別化する方法を模索しています。このためには、安定して確実な環境を届け、革新と導入を迅速に行えるソリューションが必要です。

課題とチャンス

セットトップは進化しています

 
セットトップによりサービスプロバイダーはアプリと、Netflix®、YouTube® などのウェブサービスを使用し、高品質で安全なプレミアムビデオサービスを家庭に安定して届けることができます。デバイスに処理能力、接続オプションがあり各種設定が可能であることで、サービスプロバイダーはサービスを次々と進化させ、契約者の注目を維持することができます。

コムスコープはスマートメディアデバイスでセットトップを進化させています。スマートメディアデバイスは、スピーカーとスマートアシスタント、遠隔からの音声コマンド技術を 1 つのハードウェアに統合した新しい系統のデバイスであり、エンターテイメント、e ヘルス、教育、ユーティリティ、生産性向上分野などのパーソナライズ型および集約型サービスの興味深い新しい枠組みをサービスプロバイダーに提起しています。

set-top-platforms-connectivity-diagram-v2.png

消費者の視聴体験の促進

サービスプロバイダーにとって、テレビでのユーザー体験はそのブランドの重要な構成要素です。セットトップボックスは、サービスプロバイダーがユーザー体験を構築しうる基盤としてユーザー体験を管理します。その体験には Netflix™ のような共同ホスティングのサービスも含まれます。セットトップボックスには次のような効果があります。

  • コンシューマーが TV をオンにしたときに最初に見るスクリーンインターフェースをサービスプロバイダーのスクリーンにすることができる
    • コンシューマーはリストをスクロールしてサービスプロバイダーのアプリを探す必要がない
    • コンシューマーがプラットフォームを離れて他のプロバイダーのコンテンツを利用することを防止できるため、サービスプロバイダーは収益、使用データ、顧客関係を失わない
  • TV 機器に関係なく全ての顧客に同じユーザー体験を提供できるほか、Wi-Fi 接続を指定することにより HD や 4K に加えて将来のビデオ規格の品質を確保できる
  • 一つのリモートコントロールで全サービスをコントロールでき、サービスプロバイダーは音声制御や IoT 機能などの機能をリモートコントロールに割り当てることが可能
  • 標準化されたプラットフォームとコムスコープの統合技術により、サードパーティの OTT サービスやアプリをユーザーインターフェースに統合することが容易
  • コンテンツ保護を選択可能であり、価値の高いコンテンツの権利を容易に取得できる
  • 遠隔管理ツールやサービスモニタリングツールの実装が容易
  • 効率的で無駄のないテストとサポート
  • TV アプリの場合に必要となる TV 機器台数増加への対応が不要

進化するサービス

最新のセットトップボックス・プラットフォームは、次のような特徴によりコンシューマーの体験を充実させることができます。

  • リッチなユーザーインターフェースと精細度の高い 3D グラフィックス
  • UltraHD コンテンツ、広い色域、高フレームレート、高ダイナミックレンジ (HDR)
  • 音質が向上したサラウンドサウンド
  • セットトップボックスの小型化とBluetooth Low Energy (BLE)を用いたリモートコントロールにより、セットトップボックスが視界から完全に隠れる
  • Wi-Fi 接続のため設置が容易でセットトップボックスの場所を選ばない
  • 音声支援機能付きスマートメディア機器により TV がスマートホームの中心となり、エンターテイメント、医療・保健、教育、公共サービス、生産性向上といったサービスをパーソナライズし統合するプラットフォームを形成
  • 環境への影響を低減:低消費電力、再生プラスチックの使用、使い捨てプラスチック包装の不使用

セットトップボックスは次のような特徴によりサービスプロバイダーのコンテンツ配信やサポートのコストを低減します。

  • HEVC や VC-1 など高効率のビデオエンコーディングをサポートしネットワーク帯域幅の必要性を低減
  • 設置が容易なワイヤレス接続
  • 設定、診断、分析、ソフトウェア更新の遠隔管理が可能
  • IP VOD サービスに対応し、
    • コンテンツのライセンス契約コストの削減とサードパーティー製 VOD コンテンツカタログの拡大が可能
    • クラウドベースでの録画が可能であり DVR のコストを削減

 


その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    KreaTV Data Sheet

    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    Breathing New Life Into Older Set Top Boxes with Virtualization

    For any service provider with a large installed base, it is often a technical challenge to enhance the functionality of set-top boxes that have already been deployed. But with the rapidly changing dynamics and requirements in the video delivery marketplace, doing so is becoming critical as they seek to evolve the types of experiences they can deliver to their customers. But by virtualizing set-top functions in the cloud, these service providers can bring new functions and services to their complete set-top lineup. These include: • Adding new streaming sources for VOD and OTT applications • Providing a richer VOD interface than current middleware or backend systems can provide • Bringing all devices up to a common interface, while easing the transition to IP video • Enabling new non-video applications on the set-top box This article will explore the many new opportunities associated with virtualized set-top box functionality, and discuss the integration requirements and device implications of this exciting new solution.
    ダウンロード
戻る / 2 次へ
ブロードバンドおよびビデオ機器サービス

コムスコープはカスタマイズされた完全なセットトップボックス・ソリューションの導入を促進するサービスを提供します。

詳細