イーサネット PON を利用した FTTx

アクセスネットワークの拡大と容量増加

住宅用の顧客に均整の取れたマルチギガビットのダウンストリームサービスを提供しようとするサービスプロバイダーは、集中型または分散型アーキテクチャでイーサネットパッシブ光ネットワーク (EPON) を導入することで既存ネットワークの統合を容易に行えるようになります。

FTTH (Fiber To The Home) で EPON を利用することで、サービスプロバイダーは運用コストを低減し、投資価値を最大化するとともに、価値の高い商業サービス顧客の収益を高めることができます。

課題とチャンス

ファイバーディープ

N+0 アーキテクチャはやりがいのある取り組みです。コムスコープでは、ファイバーネットワークを効率よくまたは効果的に拡大するのに役立つ導入の容易なソリューションがいくつかあります。

詳細

DPoE

DPoE (DOCSIS provisioning over Ethernet) においてサービスプロバイダーは、ケーブルモデム終端システム (CMTS) と ケーブルモデル (CM) の代わりに光回線終端装置 (OLT、自宅側につける装置) と光回線終端装置(ONU、プロバイダー側につける装置) を利用することで約束のサービスを届けるようネットワークをプログラムできます。

詳細

コムスコープを選ぶ理由

グローバル流通網

グローバル流通網

コムスコープは世界全体で 30 を超える製造および配信施設を運営しており、お客様は必要とするものを予算に合わせて予定通りに調達することができます。

受賞歴のあるソリューション
受賞歴のあるソリューション

当社の究極の目標は、ネットワークを改善するソリューションの企画と創出です。その目標の下でソリューションに投入した知識と創造性に対する業界での高い評価は当社の誇りです。

詳細

ファイバーの権威

ファイバーの権威

コムスコーブは光ファイバーに関する専門性と革新性を活用して知識と高度なソリューションをご提供し、ファイバーの未来をリードするネットワークを支援します。

その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    HFC から FTTP へのトランスフォーメーション:RFoG、PON およびハイブリッドソリューションの役割

    内容:HFC はどのぐらい存続するのか?この移行期間を通じて HFC の寿命を延長させるには、どのような戦略を導入すればいよいのか?筆者は、今後 10~20 年にわたって必要とされるネットワーク容量の変化と、スムーズな移行を実現するために必要なアクションに関する知見を提供しています。トピックとして、キャパシティプランニング、 DOCSIS 3.1 の概要、ハイブリッド PON、スケーリングの面での考慮事項などを取り上げています。
    ダウンロード