アクセスおよび輸送

HFC の FTTx への移行を簡素化する

サービスプロバイダーにとって、複数のアーキテクチャアプローチを使用してアクセスネットワークを進化させることは決して珍しいことではありません。ただし、10G ブロードバンド (そしてこれ以上) を提供するということは、加入者の帯域幅を増加するための方法を見つけなければなりません。つまり、ヘッドエンドの渋滞、ネットワークの複雑性、および運営費の削減やシステム全体の信頼性を向上させなければなりません。

コムスコープでは、サービスプロバイダーが既存のハイブリッドファイバー同軸 (HFC)、ファイバーディープなアクセス、および輸送機関のインフラストラクチャーを最大限に活用できるようにサポートします。

  • ネットワーク容量の拡大
  • 末端でも既存の同軸ケーブルの帯域幅と寿命を延長する
  • ファイバーで末端での機能を拡張および構築する

当社のプロフェッショナルサービスのチームが、ゼロからのネットワーク設計や既存のネットワークのアップグレードをサポートします。当社はあらゆる最先端設計ツールと連携しており、当社の仕事が貴社の業務にスムーズに統合されるように、設計ではお客様の基準を採用します。

課題とチャンス

ヘッドエンドの進化

コムスコープのファイバー・ネットワークソリューションは、混雑したヘッドエンドスペースを改善し、消費電力と運用コストを削減します。

詳細

ファイバーの未来を採用する

お持ちのネットワークを拡張または再構成する場合は、ファイバーをデフォルトとして使用することを検討してください。田園地帯でのプロジェクトでファイバーを展開することは、後で同軸をファイバーに置き換えるよりもコストは低くてすみます。

詳細

コムスコープを選ぶ理由

ファイバーのことならお任せください

ファイバーのことならお任せください

光ファイバーの権威であり、また革新者でもあるコムスコープは、ネットワークの種類を問わず、光ファイバーの未来を掌中に収めるための知識と高度なソリューションを備えています。

受賞歴のあるソリューション

受賞歴のあるソリューション

当社の最終目標はネットワークを改善するソリューションを設計および作成することですが、このソリューションに組み込まれたインテリジェンスと創造性が業界の専門家たちによって認識されたことは非常に光栄です。

詳細

グローバル・イノベーター

グローバル・イノベーター

世界中で、12 以上の業界カテゴリーで 10,000 件以上の特許を取得しているコムスコープは、ネットワークが最善の状態で機能するようにサポートするソリューションを設計および作成します。

詳細

その他のリソース

  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    ファイバーディープな HFC 導入のための未来の方向性

    As service providers consider their HFC transition to FTTP for brownfield scenarios, they should be aware of emerging innovative concepts for a distributed node architecture that cost-effectively enables fiber deep designs such as fiber to the last active or fiber to the curb. This paper details a case study of several actual node designs and explores the cost impacts of various plant upgrades. A comprehensive network capacity analysis shows what capacities might be needed, and at what time over the coming decades, allowing operators to plan their HFC to fiber journey in a “pay as you go” manner.
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    HFC から FTTP へのトランスフォーメーション:RFoG、PON およびハイブリッドソリューションの役割

    内容:HFC はどのぐらい存続するのか?この移行期間を通じて HFC の寿命を延長させるには、どのような戦略を導入すればいよいのか?筆者は、今後 10~20 年にわたって必要とされるネットワーク容量の変化と、スムーズな移行を実現するために必要なアクションに関する知見を提供しています。トピックとして、キャパシティプランニング、 DOCSIS 3.1 の概要、ハイブリッド PON、スケーリングの面での考慮事項などを取り上げています。
    ダウンロード
  • A1A49B8B-5D80-4C0C-9DBB-88D27D401C49 Created with sketchtool.

    ハブベースのサービスが成長する余地を創出

    This paper details a real-world ARRIS deployment of a high-density CCAP solution in a metropolitan hub that was virtually out of floor space.
    ダウンロード