ファイバー・トゥ・ザ・アンテナ(FTTA)ソリューション

RRU 配備がついに合理的かつ利益的にも頷けるものに

マクロセルと屋外スモールセル両方における LTE ネットワークと 5G ネットワークの高密度化により、RRU へのファイバー接続性において多目的なオプションの必要性が今までになく高まっています。最も適したファイバー・トゥ・ザ・アンテナ (FTTA) の構成を選ぶのは、時間もかかる上に複雑になる可能性があります。

コムスコープはこのような事態に対処できます。当社の HELIAX® FiberFeed® FTTA ソリューションは、タワートップに RRU を導入するためのさまざまなオプションを備えています。

ハイブリッドソリューションの内容:

  • ハイブリッド・ペンダント:ハイブリッド・ポートを備えた薄型のブレイクアウト・ターミナルで、複雑さの軽減、タワー・スペースの節約、配備の迅速化を実現する高度なプラグ・アンド・プレイ・ソリューション。
  • ハイブリッド・ダイレクト:ハイブリッド・ケーブル・レッグが事前に取り付けられているブレークアウト・アセンブリで、スペースと設置時間を節約するもうひとつのプラグ・アンド・プレイ・ソリューション。
  • ハイブリッド・スタンダード:柔軟性に優れたトランクケーブルや配線ボックスが好ましい場合に最適。単一トランクから最大 12 の RRU をサポートするために使用可能なオプション。
  • 個別のハイブリッドセクター:個々のハイブリッドケーブルを基地局から各セクターに供給する、タワースペースと設置時間を節約する経済的なソリューション。
 
FTTA/FTTNの挑戦の演説

LTEおよび5Gネットワークのための繊維の配置で可能であるものを押す方法を学びなさい。

離散型ソリューションの内容:

  • 離散型 スマートシティ、ならびにセクター間や拠点間のデイジーチェーンの収束をサポートするための、RRU と有線ターミナルの間の接続性のために終端処理された、屋外スモールセル導入用のファーバー・ドロップ・ケーブルソリューション
  • 離散型 プラグアンドプレイ型のファイバーエンクロージャーは、実装を加速化し、最大 6 つまでの RRU をサポートする、オールインワンのファイバーソリューションです。
  • 別個の配線や、ジャンクションボックス使用といったインストールオプション付きの、離散型のファイバーと電力のケーブル敷設は、分離された電力構成とファイバー構成が求められる場所で、デザインの柔軟性を提供する経済的なソリューションです。

賢くシンプルで柔軟性に優れたカスタマイズ方法をお選びになり、FTTA 戦略のロールアウトを実現しましょう。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink