ファイバー・スプライス・トレイおよびオーガナイザー

ファイバー管理がこれまでになく簡単に

クロージャーパッチパネル配線盤街路用キャビネットといった小さいフットプリントで高いファイバーカウントを管理するのは頭の痛い問題です。新規顧客を追加する際に既存の加入者の信号が中断されないようにするのはもちろんのこと、その他の影響が及ばないようにしなければなりません。そしてネットワークの信頼性を保つためには、スプライスの保護が必要になります。

コムスコープのファイバーインフラストラクチャー・システムテクノロジー (FIST™) トレイおよびオーガナイザーは中央局屋外施設で使用されています。

これらは以下のようなファイバーやスプライスの格納向けに設計されています:

  • 単一要素
  • 単一回路
  • 単一およびマルチリボン・ファイバー管理

この特定の配置により、ファイバーが保護され、アクセスや識別が容易になります。また、FIST トレイおよびオーガナイザーファイバーのすべての部分において、最小曲げ半径の要件が満たされていることを保証する配置となっています。

技術者は単一のファイバーを使用できるため、顧客からの苦情が減り、接続プロセスや個々の顧客の接続の修理がより効率的になります。この技術が登場してから、単一回路管理はヨーロッパやアジアではデファクトスタンダードとなっています。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink