ファイバー配線ハブソリューション

必要な場所で必要な時にファイバー容量を増設

帯域幅に対する需要が増え続けるにつれ、中央局と屋外施設の双方におけるネットワーク上のファイバーが必然的に増えます。この成長に対応するためには、いつでもどこでも必要な容量を増設することが可能な柔軟なネットワーク構成が必要になります。

コムスコープのファイバー配線ハブ(FDH)は、FTTx および FTTH ネットワーク上の接続フィーダーや配線ケーブルに対し、堅牢で技術者に優しく費用対効果の高いソリューションを提供します。ネットワーク構成が、ポイント・ツー・ポイント・ファイバー、リング、ポイント・ツー・マルチポイント(光スプリッターを使用)であるかを問わず、FDH は容易で経済的に接続性に対応することを可能にします。

取得済みおよび出願中の関連特許が 35 件を超える FDH 3000 シリーズは、業界の革新をリードしています。世帯の数が 12 世帯でもまたは 864 世帯でも、FDH 3000 製品群は現在そして未来のニーズに応えるソリューションを提供します。スペースに限りがある場合は、機能が強化された新しいミニ FDH 3000 を使用すれば、より多くの接続に対応することができます。終端処理済みブレークアウトケーブルの多用途性を備え、屋内でも屋外でも迅速な設置が可能です。

従来のキャビネットとは異なり、密閉された FDH 4000 はとくに都市部ファイバー配備につきものの課題を克服するために独自に設計されました。完全密封で環境を配慮したエンクロージャーに被覆された FDH 4000 は地下に設置でき、今日増大する許可取得に関する課題に対する最適な解決法となっています。

ファイバーアクセスネットワークの長期的な信頼性、柔軟性、運用コストに大きな影響を及ぼしてきた 4 つの実績のある要素が組み込まれています。

  • ファイバー曲げ半径保護
  • 直感操作のケーブル配線
  • 容易なファイバー / コネクターアクセス
  • 物理的な保護
  • 光スプリッター、C/DWDM、モニターなどの付加価値モジュールのサポート

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink