ビル向け自動インフラストラクチャー管理

インテリジェントビルソフトウェアで、あなたの会社の可能性を余すところなく実現する

IP 収束とモノのインターネット(IoT)がさらに多くのデバイスをネットワーク上で駆動するにつれて、インフラストラクチャのモニタリングと管理はより困難なものとなります。SYSTIMAX® 構内配線ソリューションの完全ポートフォリオの主要な部分である、imVision® 自動化インフラストラクチャ管理(AIM)は、今現在起こっていることに基づいた賢明なネットワーク意思決定を下すために役立ちます。

imVision は、リアルタイムでのビルのネットワーク接続性と、Power Over Ethernet(PoE) リンクの全体論的視点を提供するスマートビル・システムです。ネットワークに問題が発生した場合は、あなたがその解決に時間を無駄にするかわりに、imVision が問題解決をおこないます。

このインテリジェントビル向けソリューションは、より信頼性の高いネットワークを維持するために、追加、アップグレード、移動に自動対応するため、設備がある場所とその接続状況をきちんと把握することができます。また、ネットワークを脅かす可能性がある潜在的な問題箇所や十分に活用されていない設備を明らかにし、セキュリティ違反や不正な接続に対する警告を発信することもできます。

imVision を使用すれば、運用を合理化し、予定外の機能停止を低減し、データを安全に保つことで、ネットワークの持つ可能性を最大限に引き出します。

Ruckus がお届けするエンタープライズネットワークソリューションについて

エンタープライズネットワークのために Ruckus が提供するソリューション、製品、およびサービスについての詳細。

ICX Switches launch
アクセスポイント launch
システム管理とコントロール launch

 
ARRIS と Ruckus がコムスコープに加わりました - 詳細

自動インフラストラクチャー管理が推奨管理ツールとして認識されるようになる

コムスコープは、imVision ポートフォリオを搭載した自動インフラストラクチャー管理システム(AIM)の開発パイオニアであり、現在 BICSI は最近発表された新規格である BICSI 009-2019、データセンター運用とメンテナンスのベストプラクティスの推奨管理ツールリストに AIM を含めました。コムスコープと AIM:進歩の力。

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。


Powered By OneLink