周波数アクセスシステム

周波数帯域から所望周波数帯域を経済的に調達する方法

市民ブロードバンド無線サービス (CBRS) の誕生により、企業は評価の高い 3.5 GHz 帯域にアクセスし、周波数アクセスシステム (SAS) ワイヤレスネットワークを構築したり、補強したりできるようになります。SAS の鍵は、その他の CBRS および現行ユーザーとの混信を最小化しながら、利用可能な周波数の共有を促進するダイナミック周波数アクセス技術です。

2015 年、米国の連邦通信委員会 (FCC: Federal Communication Commission) は CBRS の形成を発表しました。これにより、ユーザーはより上位のティアのユーザーを優先することを条件に 3.5 GHz 帯域 (3550 ~ 3700 MHz) を共有する権利を付与されます。この 3 つのティアの共有パラダイムでは、SAS を使用する必要があります。SAS は高度な分析とコンピューティング技術を使用して、ユーザーが相互に、また現行ユーザーと環境センシング機能 (ESC : Environmental Sensing Capability) で周波数を共用できるようにします。

この所望ミッドバンド帯域の 150 MHz の部分は、15 個の 10 MHz チャネルに分割されています。利用可能なチャネルのうち最大 7 つが各郡の優先アクセスライセンス (PAL : Priority Access License) 保有者に競売にかけられ、企業は参入の障壁が低い地域のワイヤレスネットワークを構築したり、強化したりできます。少なくとも 80 MHz の帯域については、現行ユーザーと周波数を適切に共有することを条件に一般許可アクセス (GAA :General Authorized Access) ユーザーは商用目的で無料で利用できます。

SAS を通じて、企業はこれまでアクセスできなかった、または地域ベースで取得するには高価すぎる周波数のメリットとなる部分を活用する手段を手に入れることになります。さまざまな業種が SAS の恩恵を受けることができます。CBRS のユースケースをご覧ください。

お客様にとって重要なソリューション

CBRS ユースケース

市民ブロードバンド無線サービス (CBRS : Citizens Broadband Radio Service) ソリューションは、LTE 品質のワイヤレス電波環境と機能をネットワークに提供します。

詳細

CBRS の CPI トレーニング

3.5 GHz 帯域の運用に必要な無線設備をセットアップおよび設置するには、プロフェッショナルインストーラー資格認定 (CPI: Professional Installers) が必要です。

詳細

SAS パートナー

CBRS の機能拡大で協力関係にあるコムスコープのパートナーを紹介しています。

詳細

その他のリソース