次世代のネットワークは、容量や速度、遅延性の問題を解決するために分散化され、地域内の信頼性が高く経済的なネットワーク電源ソリューションをソーシングすることが困難になり得ます。

有線電気通信やワイヤレス事業者、住宅用ブロードバンド、エンタープライズ向けデータセンターは長年、電力接続の大部分に既存の構内配線を使用してきました。しかし、そんなインフラストラクチャーでネットワークデバイスへの電源供給を行うには限界があります。

未来のテクノロジーはさらに多くを求め、業界標準も常に進化する中で、ネットワークは将来を見越し、構内配線でどうすれば現在とこれから先、より優れた分散電力接続を供給できるか考えるべきでしょう。そしてコムスコープこそ、ネットワークが信頼し次の変化に備えることができる選択です。

40 年以上にわたり、当社は今日のネットワークを可能にするテクノロジーを業界に先駆けて開発してきました。ネットワーク電源ソリューションも、未来を考えて当社が提案する今日と明日の課題への答えのひとつです。革新的なソリューションで、かつてなく豊富な電力と帯域幅をネットワークに提供。さらに、今日の基準を超える信頼性の高い電力接続を供給し、今後何世代もにわたって通用するパフォーマンスをもたらします。

そんななかコムスコープは、オールウェィズ オン ネットワークの可能性を広げるお手伝いをします。ワールドクラスの専門知識を持つ業界リーダーとして、最初から適切に目標を達成できる当社が、お客様のビジネスを支えるネットワークを支援します。この下に、サービスについてご案内しています。

電力について

モバイルデータトラフィック、使用帯域、新しいビジネスモデルは急速に拡大・成長を続けています。そこでカギとなる電力。お客様のネットワークには必要な電力がありますか? ホワイトペーパースモールセルの未来を豊かにをお読みなれば、その答えが分かります。

ビデオを見る

 

進歩の力

電源供給型ファイバー

銅線を使用するインフラストラクチャーは高性能で低遅延のファイバーに取って代わられ、 エンタープライズ / ブロードバンド配信ネットワークでそうしたファイバーが用いられるようになりました。そこには電源供給面で新しい課題も生まれています。銅線のもとではパワー・オーバー・イーサネットが素晴らしい力を発揮しました。一方、ファイバーベースのネットワークでは、必要な場所の電源を確保するのに柔軟で経済的な電力供給型ファイバーソリューションが役立ちます。

 

パワー・オーバー・イーサネット (PoE)

ネットワーク構築においてイーサネットが大きな成功を収めたことを受け、接続機器への遠隔電力供給手段としてパワー・オーバー・イーサネット (PoE) の技術が注目されるようになりました。遠隔電力はさまざまな種類のデバイスで活用され始めており、インフラストラクチャーの費用をより効率的に管理する明確な機会をもたらします。コムスコープの PoE ソリューションなら、既存の構内配線を使用して、セキュリティカメラや Wi-Fi アクセスポイント、構内ワイヤレスシステム、LED 照明といった一般的なハードウェアに PoE を導入することができます。

 

タワーへの電源供給

携帯電話の基地局で使用される無線はかつてないほどの電流を引き込みます。また、5G の時代になれば、オーバーレイネットワーク独自の電源要件が生まれるでしょう。パフォーマンスと効率を最適化し、予備電池の寿命を延ばすには、インテリジェントでダイナミックな DC 電源ソリューションが必要となります。線路損失の原因となる各受電機器に適切な量の電流を提供し、すべての構成要素がそれぞれ最適なパフォーマンスを発揮するようにする方法があります。

分散電力とファイバー接続

リモートアーキテクチャを持つセルサイトでは、タワートップまでファイバーを設置することでそのメリットを得られます。ただしその際に、重量と風荷重をあまり大きくせずに無線に電力を供給することが課題となります。これは、特別に設計された一連のブレイクアウトシステムを使用することで解決できます。このシステムには最大 12 の遠隔無線ユニットに対応するファイバーと電力が含まれ、設置時間は従来の半分。タワーへの負荷も 3 分の 1 軽減されます。

パワー・オーバー・コアキシャル

パワー・オーバー・コアキシャルは決して新しい技術ではありませんが、今なら、送電に特化して設計されたケーブルソリューションを利用することにより、同軸ケーブルの性能をさらに引き出すことができます。経済的で扱いやすいパワー・オーバー・コアキシャルは、レガシーのインフラストラクチャーを接続するスマートな手段です。

ブロードバンドのパワー

マルチシステムオペレータ (MSO) は、新しいアプリケーションのオンライン化に対応して帯域幅を増やす必要があります。つまり、ネットワーク上のより多くの区間でより多くのファイバーが必要となり、電源の確保が課題となります。屋外施設での使用に対応する堅牢なシースに覆われた、包括的な同軸およびファイバーケーブルソリューションを活用することで、MSO は競争の激しいブロードバンド市場をリードするために必要な柔軟性を手に入れることができます。

ブログ記事

電源についてコムスコープが提供する話題をご覧ください。

関連ニュース

購読