ミレニアル世代と団塊世代のテクノロジーに関するライフスタイルを比較したコムスコープのレポート

35歳以下のミレニアル世代の顧客が、技術系企業やそれらを支えるブロードバンド事業者の主要ターゲット層として急速に浮上してきています。

グローバルなネットワーク・インフラストラクチャー・ソリューションのプロバイダーとして、コムスコープには、ミレニアル世代がテクノロジーをどのように捉え、どのように利用しているのかという疑問がありました。接続性に対する彼らの要求はどういったものなのか。前の世代に比べて、これらの違いは大幅に異なっているのか。この世代がネットワーク設計、導入、収益化にどのような影響を与えるのか。

 

調査結果から分かること

このような明日に備えるお客様をサポートすべく、コムスコープではこの度、主要都市サンフランシスコ、ロンドン、香港、サンパウロの団塊世代(51 歳~70 歳)とミレニアル世代(15 歳~35 歳)4,000 人以上を対象にしたアンケート調査を行いました。この調査の結果から、次のようなことがわかっています。

  • 信頼性の高いインターネット接続を確保するためにミレニアル世代が毎月支払うことをいとわない金額は、団塊世代よりも平均で 28 パーセント高い。
  • ミレニアル世代の 73 パーセントが、メディア消費の媒体としてケーブルテレビよりもスマートフォンを好むのに対し、団塊世代では 58 パーセントがその逆を好むと答えている。
  • 香港のアンケート調査対象者の 64 パーセントが、インターネット接続を電気、水道、交通機関よりも生活にとって不可欠であるとランク付けた。

 

今後5年~10年間は、次のような条件を満たすサービスプロバイダーが成功を収めると考えられます。

  • この新しい世代のコミュニケーションにおける動向をしっかりと理解している
  • コアサービスの要望やニーズを的確に捉えている
  • 事業戦略を積極的に適合させ、調整している
  • 最も関連性の高いソリューションやサービスを提供している
 
5G に関するよくある質問
ミレニアル世代調査レポートを読む
 

 

ミレニアル世代インフォグラフィック
ミレニアル世代の行動様式

ビデオを見る

今すぐ登録