重要なプロセスを確実に

より高速なデータセンターアプリケーションへの移行が加速するなか、ほとんどの光リンク関連予算は縮小しています。新しいチャネルの設計において、お客様のアプリケーションに対応する減衰性能を確実に得られるようにするにはどうすればよいのでしょうか。コムスコープの SYSTIMAX アプリケーション保証は、自信を持って移行を進めるために必要な設計機能と性能の保証を提供します。

SYSTIMAX ファイバー性能計算ツールを使用すれば、提案された SYSTIMAX 配線チャネルの最大減衰性能を迅速かつ簡単に計算し、チャネルに対応するアプリケーションを確認することができます。また、コムスコープが書面によりサポートを保証します。確かな自信をお約束します。* 条件や詳細については CommScope.com/Resources/Warranties をご確認ください。

最良のファイバー試験機器が最も高度なリンクロス測定に対応します。

コムスコープと Fluke Networks のユニークな提携において、SYSTIMAX ファイバー性能計算ツールをサポートする技術が Fluke Networks CertiFiber Pro® OLTS および LinkWare Live クラウドサービスの最新リリース版に組み込まれました。

どちらも、幅広いアプリケーションにおいて一般的な SYSTIMAX チャネル構成の損失目標を提供します。またインストーラーは、1 つの簡単なステップで全体のチャネル損失を試験するとともに、アプリケーションへの対応を確認します。

詳細については、コムスコープのプレスリリースをご覧ください。

「チャネル損失を計算し、さまざまなアプリケーションに対応することを確認するコムスコープのアプローチは、業界に大きく貢献するものです。弊社は最初の試験ベンダーとなったことを嬉しく思います。そして、SYSTIMAX ファイバーを利用する大規模な顧客基盤に対してこの機能を自動化し、より実用的なものにしていきます。」 - Fluke Networks

 

関連文書

ブログ記事

アプリケーション保証に関するコムスコープのブログ記事をご紹介します

Powered By OneLink