将来に備えた構内配線インフラストラクチャーづくりを

構内配線は、エンタープライズビルの接続を管理・活用する標準的な方法で、ネットワークの移転や追加、変更を容易にし、無駄なダウンタイムや中断も回避することができます。また、センサー主導の技術や Wi-Fi、クラウドコンピューティングといったアプリケーションに対応する、スマートで管理の容易なネットワークインフラストラクチャーでもあります。

構内配線システム(SCS)には、ネットワーク・インターフェイスから職場や顧客構内にある通信デバイスの情報コンセントへとサービスを提供するために必要な配線、ワイヤー、関連機器・装置が含まれています。

このシステムは、クロスコネクトやコンセント終端を含む、ビル内での配線導入のための構造化された系統的な作業方法や確立された標準を提供します。この構内配線システムは、通常、単一のビルまたは複数のビルに導入されます。

構内配線は、インテリジェントビル、キャンパス、データセンターのための、今日の超高速かつ複雑なネットワークアーキテクチャをサポートするために進化してきました。しかし、このミッションは今後も変わることはありません。それは、お客様が帯域幅の需要を満たすためのサポートを行うこと、複雑なネットワークの計画、設計、構築を簡素化すること、そして、顧客の技術ニーズを先取りすることです。適切に設計・導入された構内配線を使用することで、お客様はアプリケーションに依存せず、ニーズに合わせて拡張できる規格化されたネットワーク導入を実現できます。

Ruckus がお届けするエンタープライズネットワークソリューションについて

エンタープライズネットワークのために Ruckus が提供するソリューション、製品、およびサービスについての詳細。

ICX Switches launch
アクセスポイント launch
システム管理とコントロール launch

 
ARRIS と Ruckus がコムスコープに加わりました - 詳細

SYSTIMAX® SCS は、当初は基本的な 25 本ツイストペアケーブルと 110 台のシステムを使用したものでしたが、これまでに銅線およびファイバーケーブル、およびコネクタ製品の広範なポートフォリオへと進化しました。今日、コムスコープのポートフォリオには、PowerSUM®(カテゴリー  5e)、GigaSPEED® XL® (カテゴリー 6)、GigaSPEED X10D® (カテゴリー 6A)、InstaPATCH® 360、OptiSPEED®、LazrSPEED® (OM3, OM4, OM5)、および TeraSPEED® 製品に関連したすべてのケーブルおよび装置が含まれています。

コムスコープでは、以下のような構内配線ソリューションを通じて、エンタープライズビルの OpEx および将来の設置コストを最小限に抑えるよう支援します。

私たちは、構内配線がデータセンターや IT 部門だけのものではないことを理解しています。完全な接続性を備えた効率的なビルのことなら、コムスコープにお任せください。共に協力して、お客様のビルの可能性を最大限に引き出せるようお手伝いします。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。



お客様のニーズに合った専門知識を持つお近くのパートナーを検索PartnerPRO™ ネットワークビデオあるいはウェブサイトをご覧ください。

Powered By OneLink