データセンター向け Rapid Fiber 配備

データセンターへのファイバー配備を簡素化

データセンターを拡張しているのか最新化しているのかにかかわらず、新しいファイバー配線の導入は面倒で時間のかかるものです。ケーブル配線が正しい長さにカットされているか、しっかりと接続されているかを確認するには専門の技術者が必要となりますが、これにより設置にかかる費用も高くなります。

Rapid Fiber™ パネルを使えばファーバー配線の導入が迅速で簡単になります。各パネルには、内蔵された RapidReel スプール上に最長 100 フィートのマイクロケーブルが積まれており、ケーブルは出荷時に単心ファイバー・ブレークアウト (SC または LC) または MPO に終端処理されているため、プラグアンドプレイの容易さを提供します。その結果、高性能ファイバー接続性が使いやすくコンパクトなパネルになりました。

ファイバートランクケーブルがパネル内の内部スプールに保管されていることで、接続をすぐに配備することができるようになり、その場で終端処理したり、余った配線をどう処理するか悩む必要がなくなります。さらに、単一パネル上に、マイクロケーブル、スプーリング、コネクタ技術が組み込まれた Rapid Fiber 製品は、ケーブルの密集を緩和するだけにとどまらず、ファイバー配線の発注や在庫管理を簡易化します。

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

インフラストラクチャー・アカデミー・コースで詳細をご覧ください。
Powered By OneLink