信頼できる RF 接続ソリューション

屋外施設で抜群の信号品質を維持する RF 接続ソリューション

容量とパフォーマンス改善のためヘッドエンドと光ノードのアップグレードに投資したなら、高パフォーマンスのラストワンマイル・アクセス・ネットワークも期待したいと考えるでしょう。だからこそ、RF コンポーネントでも最も安価なケーブル、増幅器、スプリッター、結合器、接地ブロックへの投資が賢い選択だといえます。なぜなら、これらネットワークのキーパーツは帯域幅を制限しサービス中断、出張サービス、そして結果として顧客による解約につながるからです。

例えば、当社の HomeConnect® は、ISO 製造基準に合わせて製造された住宅用ソリューション製品をフルラインナップで提供し、SCTE 基準を満たす、またはそれ以上の品質で、最も厳しい状況下でも安定したパフォーマンスを実現します。

その他の考慮点:MSO が Data Over Cable Service Interface Specification 3.1(DOCSIS 3.1)によって約束されている帯域幅増大をめざして移行すれば、これまでよりも高度な周波数変調を使いたいと考えるでしょう。DOCSIS3.0 向けの 256QAM(直角位相振幅変調)ではなく 4096QAM が選ばれるでしょう。これらの高度な変調は高度な信号対ノイズ比を必要とする、つまりクリーンな RF パスが必要となるのです。

コムスコープが提供するのは、コンポーネント設計、製造、テストの適合性です。つまりひとつひとつが適合し相互が効果的に働きます。

  • 腐食の低減
  • 共通パスの歪み(CPD)の低減
  • ノイズ侵入や漏れを制限
  • 全体の RF 効率性を促進

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink