前面から完全にアクセスできる高密度の光配線盤

プラグ・アンド・プレイで導入にかかる時間を劇的に短縮

ネットワークの速度と帯域幅の需要は、今日の常時接続された世界において常に増大し続けています。中央局およびデータセンターの拡大、再構成、新規ネットワークサービスの消費者へのロールアウトにおける多用性は、今日そして今後何年間にもわたり、これらのネットワーク要件をサポートするために必須です。

FACT™ は、多用かつエンド・ツー・エンドの、前面から完全にアクセス可能な ODF ソリューションです。これは終端、スプライシング、ストレーージ要求に対応しています。FACT ODF システムは、高密度環境でのより迅速で簡単な設置を可能にします。ツールレスなシステムアプローチと高いモジュール性により、新しい接続プラットフォームへの移行や既存の中央局およびデータセンターの拡大が容易に実現できます。

FACT を利用して高密度ファイバーネットワークを管理

当社の FACT 光配線盤(ODF)ソリューションについて詳しくご紹介します。

トピックを選択すると内容が表示されます:

  • FACT システムでは、高密度で管理しやすく、小型、軽量かつ堅牢なビルティングブロックを使用した将来を見据えた配備により、スペースを 30 パーセント節約できます
  • 段階的な CapEx ネットワーク配備に対応するプラットフォームのモジュール性
  • 迅速なネットワーク配備とコスト削減を可能にするツールレスな設計
  • プラグ・アンド・プレイによる高度に使用可能な密度ファイバー接続性ソリューション
  • ファイバーやケーブルのテクノロジーに依存しないため、より柔軟な設計が可能です
  • 直観的、案内付きのケーブル管理
  • トレイ操作中にファイバーが固定され、ファイバーに対するストレスを低減
  • ODF を超えるケーブル配線の整理に対応した FiberGuide®
 
  • 1050 mm x 300 mm ラック設定で、最大 2688 の標準接続(LC シングルアダプター)
  • 超高密度、アダプターパックおよび 1.2 mm のパッチコード技術に対応する最大 4032 の接続(1050 mm x 300 mm のラックをセットアップする場合)
  • トレイ操作時にファイバーが移動しません
  • 配線済みの FACT モジュール用ソリューション
  • MPO モジュール対応
  • 典型的な通信 CO レイアウト(ETSI ラック、奥行 300 mm)
 
注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。

Powered By OneLink