高密度かつフレキシブルな光配線盤

小さいフットプリントで高いファイバーカウントを管理

現代の中央局やデータセンターの環境では、高いファイバーカウントの管理が必要となります。端末密度と回路への高いアクセス性とをバランスよく実現する機器を利用することで、ファイバーの設置を加速させ、全体的な導入コストを抑えることができます。

光配線盤

NG4access® 光配線盤は、ファイバー終端密度と回路への高いアクセス性を提供します。それは、フロントからもリアからも技術者が等しくアクセスでき、各フレームシャーシ内でのファイバーコネクタタイプの適切な組み合わせ、および業界をリードする終端密度を実現します。また、NG4access ODF は、より迅速な配備および提供が可能で、作業要件を最小限に抑えます。

機能 & 特長

  • すべてのケーブルとコネクタに簡単にアクセスでき、迅速なルーティングと接続、強化、メンテナンスを実現
  • 曲げ半径が小さくなったファイバーにより、鋭角に曲げたり頻繁に取り扱ったりすることによる減衰損失が低減
  • MPO モジュールは、LC-24 コネクタまたは SC-12 コネクタに対応し、接続の容易な低損失 MPO コネクタを装備
  • 拡張に対応するファイバー容量

また、全機能を備えた NG4access ソリューションには、共通シャーシ、アダプターパック、配線済みモジュールソリューションが含まれます。

ユニバーサルアダプターパック
NG4access ユニバーサルアダプターパックは、シングルモード、マルチモード、角度付き、ウルトラポリッシュの各コネクタに対応するように設計されています。その千鳥配置アダプターパック設計は、容易なファイバーの識別とアクセスに役立ちます。

イコールアクセスフレーム
NG4access フレームは、業界で初めて、フレームのフロントサイドおよびリアサイドのコネクタとケーブルに対して同等のアクセスを提供します。各フレームには、6 つのユニバーサルシャーシが収まり、各シャーシは最大 576(LC)または 288(SC)の接続をサポートします。各シャーシには、最大 24 のアクセストレイが含まれています。

シングルクリック
LC および SC ケーブルモジュールは、IFC ケーブルまたは 24 ファイバーマイクロケーブルで終端処理済みです。LC および SC ケーブルモジュールは、IFC ケーブルまたは 144 ファイバーマイクロケーブルで終端処理済みです。対照的に、旧式の ODF ソリューションでは、設置業者は 144 の個別コネクタと 144 の異なる終端を配線する必要があります。これは、はるかに労働集約型の提案になります。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。


Powered By OneLink