高密度ファイバー管理および光配線盤

光配線盤による柔軟性

今日のサービスプロバイダーは、高密度ファイバーのニーズに対応すべく奔走しています。FTTX ネットワークの拡大に伴い、必要となるケーブルや接続部、そしてそれらを支えるフレームも増えます。また同時に、中央局やヘッドエンドの床面積の単価も高騰しています。光配線盤 (ODF) でコネクタの密度を最大限にし、スペースを節約すれば、コストが大幅に削減されます。そして当然のことながら、サービスプロバイダーは、たえず変化する顧客のニーズに素早く対応できるような柔軟性のある ODF を求めています。コムスコープの ODF 製品は、ファイバー接続の密度と回路へのアクセシビリティにおける利点を兼ね備え、事業者が敷設に要する時間を短縮すると同時に、配備のコストを削減します。

  • 高密度接続および管理:床面積使用率を削減
  • ケーブルおよびコネクタへの容易なアクセス:敷設やメンテナンスの時間を短縮
  • 曲げ半径保護:ネットワークのパフォーマンスと信頼性を確保
  • ケーブル配線経路:技術者が簡単にファイバーを特定、追跡
  • 付加価値モジュール (VAM) スプリッタ、モニタ、および C/DWDM モジュールで、クロスコネクトの範囲を越えて特定のアプリケーション向けに ODF をカスタマイズ可能

業界をリードするコムスコープの ODF やラックは、どのようなニーズでも、さまざまなファイバーおよび銅ケーブルの構成に適合するよう設計されています。いずれのタイプも、優れたケーブル管理と使いやすさを考慮した設計になっています。

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。


Powered By OneLink