中央局およびヘッドエンドの機敏性を高める

中央局 (CO) やヘッドエンド (HE) に変更を加える場合であっても、コムスコープは柔軟性と拡張性に優れた幅広い有線ネットワーク・ソリューションを用意しています。

業界のリーダーとして、我々はファイバー・トゥ・ザ・ホーム (FTTH) および DOCSIS 3.1 が勢いを増し、貴社の屋外施設や CO/HE に影響を与えることを理解しています。しかし、貴社の CO/HE の進化に将来的に影響する以下のような他のトレンドや技術も登場しています。

弊社が数多くの CO/HE ソリューションを用意して、需要に応じて容量拡大を支援し、複数のコネクタオプション(SC、LC、MPO カセット)を持つ光配線盤(ODFs)といった新しいアプリケーションやサービスの展開のスピードを高めようとする理由はそこにあります。

コムスコープは、万能のネットワークソリューションというものが存在しないことを心得ています。そのため、お客様の問題について話をよく聞き、ネットワークの性能を最大限に引き出すイノベーションを作り出します。

ホワイトペーパー:中央局 / ケーブルヘッドエンドの仮想化とコンバージェンス化

今、中央局とヘッドエンドのあり方を大きく変えている 4 つのトレンドについて考察します:

以下に向けたソリューション
中央局

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。


インフラストラクチャー・アカデミー・コースで詳細をご覧ください。