Era C-RAN アンテナシステム

DAS と C-RAN の組み合わせでビル内ワイヤレスソリューションを最適化

モバイルデータトラフィックの大半は、オペレーターネットワークが届きにくい屋内で発生しています。このため、データ速度が遅くなったり、通話が途切れたりする事態が起こります。

このような場合に、分散アンテナシステム(DAS)などのビル内ワイヤレス・ソリューションが役に立つものの、大規模なキャンパスやオフィスパークでは、コストが高く、フットプリントも大きいため、経済的な面から導入は難しくなります。

そこでコムスコープが開発したのが、Era C-RAN アンテナシステムです。 Era は、中央集中型のヘッドエンドロケーションまたは通信事業者の既存の C-RAN ハブを介して、カバレッジエリア全体のワイヤレス容量を調整します。

この完全デジタル C-RAN アーキテクチャにより、ヘッドエンドの物理フットプリントが最大 90 パーセント削減され、スペース、電力、コストの大幅な節約につながります。また、信号伝送も格段に効率化され、既存のファイバーを他のサービスと共有することができるようになり、ファイバーのコストを最大 88 パーセント削減することができます。Era のキャパシティ・ルーティングでは、ウェブベースのドラッグ・アンド・ドロップ・インターフェースを利用して、キャンパス、オフィスパーク、さらには都市圏のワイヤレス容量を調整し、ビルからビルへ、階から階へ、さらには個々のリモートへと容量を移すことができます。

Era は、新しいキャリア・アクセス・ポイント(CAP)を備えており、さまざまな電力レベル、銅線/光ファイバー接続、カテゴリー 6A ケーブルを用いた給電、MIMO への対応を提供します。 屋外定格・プレナム定格で、どこでも展開が可能です。

ION-E® の実績から開発された Era は、コスト効率に優れた標準 IT ケーブル配線上で運用できるほか、配備済みの ION-E とも互換性があります。他の IP 接続デバイスと同じインフラストラクチャを共有しているため、スマートビルにおける設置や保守の簡素化により総所有コストを削減できるという大きな利点があります。コムスコープは、ION-E と Era に統合された革新的な技術を採用した、特許取得済みの 164 の製品シリーズを提供しています。

ワイヤレスネットワークの複雑性をなくす

Era は、中央集中型のヘッドエンドロケーションまたは通信事業者の既存の C-RAN ハブを介して、カバレッジエリア全体のワイヤレス容量を調整します。

注目のコンテンツ