屋内 C-RAN スモールセル

OneCell® は LTE 向け屋内ワイヤレスの可能性を広げ、5G へ備えます

OneCell なら、モバイルネットワークオペレーターは信頼性のある LTE のますます高まる需要に LTE が最も必要とされるところ - 屋内 - で応え、準備ができたところで 5G サービスに簡単に移行することができます。革新的なクラウド RAN スモールセルアーキテクチャは商用ビルおよび公共のスペース内で単独のインテリジェント「スーパーセル」を形成します。個別のセル境界がないということは、ハンドオーバーや干渉がないということ、ただ大容量で、超低遅延のパフォーマンスのみです。OneCell は標準的なイーサネット LAN の上に配置します。OneCell を使用すれば、ワイヤレス事業者はマクロネットワークからトラフィックをオフロードしつつ、現在そして将来、急速に高まりつつあるモバイルデータの需要に応えることができます。

 

OneCell 屋内 C-RAN システム図

 

OneCell コンポーネント

ベースバンドコントローラー

ベースバンドコントローラーはすべてのベースバンド処理とスケジュール管理を担い、すべての無線ポイントにわたってトランスミッターと受信機の機能を調整します。全ベースバンド処理のプーリングとセル仮想化技術の採用により、境界でのハンドオーバーや干渉なしに、マルチセクタースループット - 送受信 - を実行する単一の物理的セルを形成します。

無線ポイント

無線ポイントは無線で無線周波数 (RF) 信号を送受信し、第 1 層のベースバンド処理を実行します。このエッジインテリジェンスは緊急サービスのために、セル仮想化、ジョイント送信/受信、ユーザーの位置認識といった高度な機能を可能にします。事業者は二つの無線ポイントソリューションから選ぶことができます。双方とも屋外および堅牢型フォームファクタで利用可能です。

RP2000 シリーズは大変コンパクトで、シングルキャリア、単一周波数のソリューションです。周波数はソフトウェアで選択が可能で、事業者はハードウェアに触れることなく周波数バンドを変更することができます。

RP5000 シリーズはマルチキャリア、マルチチャンネルのソリューションで、同時に最大4つの周波数バンドをサポートします。プログラム可能なロジックを持ち、事業者は現在の LTE サービスを設置し、ソフトウェアアップグレードを通じて 5G NR といった未来の将来の変調方式をサポートします。

イーサネット配線およびスイッチ

OneCell は標準的なギガビットイーサネットのリンクと既成イーサネットスイッチで動作します。ターンキーパートナーとして、コムスコープは必要な配線、スイッチング、接続性を提供します。これにより、事業者は発注、配備、プロジェクト管理を合理化し、時間と費用を削減することができます。

デバイス管理システム (DMS)

DMS は自動化したプロビジョニングと OneCell ソリューションの継続的なサポートを実現します。DMSはその使いやすいダッシュボードが特徴で、100 を超える重要なネットワークと RF パラメータを自動的に設定します。その拡張性の高いアーキテクチャは何千ものデバイスをサポートすることができます。

機能とメリット:

  • ユーザー中心設計:スペース要件ではなくユーザー行動に基づいてパフォーマンスを最適化
  • エッジインテリジェンス:ユーザーの位置や行動の変化に反応して、付加価値サービスをサポート
  • イーサネットフロントホール:標準的なイーサネットの配線/スイッチを用いて、複雑な設定と無線周波数計画を排除、Wi-Fi と同様に簡単な配備可能
  • プログラム可能なラジオ:簡単なソフトウェアのアップグレードで LTE から 5G NR、CBRS などへ移行
  • セルの仮想化:複数のユーザーで周波数を共有し、システムの処理能力を数倍に
  • マクロ/コアネットワーク・フレンドリー:より良いパフォーマンス、より簡単な配備のためにインターフェースを簡素化
注目のコンテンツ