インフラストラクチャーは企業により様々であり、更なる高速化への移行の道筋もまた然りです。コムスコープはその点を理解しています。そしてこれこそがコムスコープが高速移行プラットフォームを開発した理由です。

モジュラー式の高速コンポーネントを使用する高速移行プラットフォームは、機敏で拡張と管理が可能なインフラストラクチャーを維持しながら、複数世代の設備をサポートします。浪費またはオーバープロビジョニングを発生させることなく、必要に応じて拡張できます。また、コムスコープのアプリケーション保証では、さらなる高速化や新しいアプリケーションへの継続的な進化を、再構築することなく長期的にサポートします。

この高速移行プラットフォームは、コムスコープが未来のオールウェイズ オン ネットワークを構築するためのもう一つの手段です。下記よりお客様に適したリンクを選択してクリックすると、その仕組みをご覧いただけます。共に、未来を実現させましょう。

高速移行についての詳しい情報

今だけでなくこの先もお客様のインフラが適応、進化、拡張できるようにするコムスコープの高速移行プラットフォームについて詳細をご覧ください。


限定リソース


HSM-Lib-iPad

コムスコープのリソースライブラリへの特別アクセス

高速ファイバー移行についてのホワイトペーパー、ビデオ、インフォグラフィックなど

 

 

ビデオ



高速移行、現今のデータセンターを超えて



SYSTIMAX アプリケーション保証



SYSTIMAX 高密度および超高密度ファイバーパネル


その他のビデオを見る >

ご存知ですか?


2019年までにネットワークで実現する現象

2019年までにネットワークで実現する現象

 

2020年までに、グローバル規模のデータセンタートラフィックの77%はデータセンター内で処理されるようになります。そのため高パフォーマンスのインフラが必要となるのです。

2020年のデータセンタートラフィック