経営陣

Marvin (Eddie) S. Edwards, Jr. ¹ ²

社長兼最高経営責任者

Edwards は 2011 年に当社の会長兼最高責任者となり、取締役会の一員となりました。2010 年から 2011 年まで、Edwards は当社の会長兼最高執行責任者を務めました。これ以前には、2007 年から 2010 年まで、当社の事業開発部のエグゼクティブ・バイスプレジデントとワイヤレスネットワークソリューション事業部の部長を務めました。また、2005 年から 2007 年まで、事業開発部のエグゼクティブ・バイスプレジデントおよび当社の完全子会社である Connectivity Solutions Manufacturing LLC の会長を務めました。このほか、Edwardsは過去に OFS Fitel および OFS BrightWave, LLC (当社と古河電気工業の合弁会社)の社長兼最高経営責任者も務め、Alcatel North America Cable Systems および Radio Frequency Systems の社長など Alcatel 関連企業のさまざまな役職も経歴しています。

Bruce W. McClelland ¹ ²

エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高執行責任者

McClelland は、ARRIS 買収契約締結にあたり、当社の上級副社長兼最高執行責任者に就任しました。McClelland は、ARRIS 買収以前は同社の最高執行責任者および取締役メンバーでした。ARRIS での McClelland の以前の役割には、ARRIS のネットワーク&クラウドおよびグローバルサービスビジネスの担当社長、Arris の製品およびサービスのグループ社長、ARRIS の顧客構内機器ユニットの担当副社長兼ジェネラルマネージャー、そしてエンジニアリング担当副社長も兼任していました。ARRIS 参画前は、Nortel 社シグナリングシステム #7 およびシグナル転送ポイント製品群、ならびに Nortel 社のクラス 4/5 DMS スイッチング製品群の開発責任者でした。

Alexander W. Pease ¹ ²

エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者

Pease は 2018 年に当社のエグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者に就任しました。2016 年から 2018 年まで Snyder's-Lance, Inc. のエグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者を務めました。また、2015 年から 2016 年まで、McKinsey & Company においてグローバル・コーポーレートファイナンスとビジネスにおけるリーダーを務めました。2011 年から 2015 年までは EnPro Industries, Inc. のシニア・バイスプレジデント兼最高財務責任者に就任し、金融、会計、戦略および開発、グローバルサプライチェーン、情報技術に加え 6 事業部門の監督を担当しました。EnPro 入社以前は McKinsey & Company に勤務し、アメリカ海軍で SEAL 小隊長として奉職しました。

Morgan C. S. Kurk ¹

業務執行副社長兼最高技術責任者

Kurk は、ARRIS 買収契約の締結にあたり、業務執行副社長および最高技術責任者に就任しました。これは以前、2016 年 ~ 2017 年に従事していたポストです。最近では、2018年と 2019年に、業務執行副社長兼最高執行責任者としての役割を担っていました。2016年以前には、2012年~2015年までの間、屋内、屋外、バックホール事業などを担うワイヤレス部門担当上級副社長を務めていました。コムスコープには 2009 年、エンタープライズ事業部門担当シニア・バイスプレジデントとして入社。1997 年から 2009 年、Kurk はアンドリュー・コーポレーションとその後身となる企業で、事業開発ディレクター、研究開発・PLM・戦略担当バイスプレジデント、ワイヤレスイノベーショングループバイスプレジデント兼部長など、さまざまな役職を経験しました。アンドリュー入社前には、Motorola にて基地局担当ハードウェア開発エンジニアおよび CDMA 基地局製品ライン担当製品マネージャーを務めています。

Frank (Burk) B. Wyatt, II ¹ ²

法務顧問および総務部担当上級副社長(最高法務責任者)

Wyatt は 2000 年から当社のシニア・バイスプレジデント、法務顧問および取締役会書記(最高法務責任者)を務めています。当社には 1996 年に法務顧問兼取締役会書記として入社。これ以前は独立開業弁護士として Bell、Seltzer、Park & Gibson および P.A.(現在の Alston & Bird LLP)の業務に参加してきました。

Brooke B. Clark ¹

シニア・バイスプレジデント兼最高会計責任者

Clark は 2018 年 9 月からシニア・バイスプレジデントおよび最高会計責任者を務めています。それ以前は 2013 年からコーポレートアカウンティング担当バイスプレジデントに就任していました。2004 年のコムスコープ入社以降、金融部門でさまざまな役職を歴任してきました。コムスコープ入社以前は Deloitte & Touche, LLP に勤務しています。Clark はノースカロライナの公認会計士です。

Robyn T. Mingle ¹ ²

シニア・バイスプレジデント兼最高ヒューマンリソース責任者

Mingle は 2016 年に当社のグローバル・ヒューマンリソース副社長に就任。当社への入社前には、2011 年から 2015 年まで ITT Corp. からのスピンオフである Xylem Inc. 創設時の経営陣として最高人事責任者を務めました。2003 年から 2011 年までは国内最大の住宅建築会社である Hovnanian Enterprises のヒューマンリソース副社長を務めています。経歴のうち最初の 14 年間は The Black & Decker Corporation で人事におけるさまざまな業務に携わりました。

Suzan M. Campbell

税務担当上級副社長

Campbell は 2016 年に当社の税務担当シニア・バイスプレジデントに就任。2011 年から 2016 年まで、国際税務担当バイスプレジデントを務めました。コムスコープに 2011 年に入社する以前は Alberto-Culver で 7 年間シニア・ディレクターを務め、14 年間パートナーとして KPMG LLP において国際税の業務に携わりました。

Fiona Nolan ²

グローバルマーケティング担当上級副社長

Nolan は 2012 年から当社のマーケティング担当シニア・バイスプレジデントを務めています。2004 年から 2012 年まで、コムスコープで地域レベルや事業部レベルでのマーケティングに関わる役職を歴任。また、当社が Avaya のコネクティビティソリューション部門を買収する以前、1997 年から 2004 年まで、Avaya の SYSTIMAX 事業部のグローバルマーケティング担当バイスプレジデント、Lucent Technologies のエンタープライズ部門におけるヨーロッパ、中東およびアフリカ地域のチャネルマーケティング担当ディレクター、SYSTIMAX ビジネスのマーケティング担当ディレクターなど数々の役職を務め上げました。

Karen K. Renner ²

シニア・バイスプレジデント兼最高情報責任者

Renner は今回の ARRIS 買収にあたり、弊社最高情報責任者(CIO)、上級副社長に就任しました。買収前は ARRIS の上級副社長兼最高情報責任者を務めていました。ARRIS参画前の 1991 年 ~ 2016 年には、Novelis および General Electric の CIO を、そして 2017 年 ~ 2018 年には North 社のグローバル航空宇宙、防衛企業である Thales 社の 米国 CIO を務めていました。

Wendy Taylor

企業監査およびアドバイザリー担当副社長

Taylor は 2012 年に当社の監査およびアドバイザリー担当バイスプレジデントに就任。Taylor は 2010 ~ 2012 年の間、 Goodrich Corporation 社の社内監査の担当副社長を務めました。Goodrich 参画前は、Deloitte LLP のパートナーとして、同社 Carolinas 企業リスクサービス業務に 2000~2010年の間従事しました。Deloitte での監査および保証業務の長年のキャリアを通して、Taylor はガバナンス、リスク管理および保証サービスに注目した様々な職務の経験を持っています。

取締役会

Frank M. Drendel ¹

Drendel は 2011 年から当社の取締役会長を務めています。1976 年から 2011 年まで当社の取締役会長および最高経営責任者を兼任していました。このほか、Drendel は米ケーブルテレビ業界最大の事業者団体である National Cable & Telecommunications Association のディレクターも務め、2002 年には同業界における栄誉殿堂入りも果たしています。2012 年から 2016 年 9 月まで、Johnson Controls International に買収された Tyco International, Ltd. の取締役にも就任していた経歴があります。1987 年から 2000 年まで General Instrument Corporation とその前身・後身となった企業の取締役、2005 年から 2008 年まで Sprint Nextel Corporation の取締役、1997 年から 2005 年まで Nextel Communications, Inc. の取締役を務めました。

Austin A. Adams

Adams は 2014 年に当社の取締役に就任。監査委員会の委員でもあります。これまで彼は、2004 年(JPMorgan Chase と Bank One Corporation の合併時)から 2006 年に退職するまで JPMorgan Chase のエグゼクティブ・バイスプレジデントおよび最高情報責任者を務めました。合併以前の 2001 年から 2004 年までは、Bank One でエグゼクティブ・バイスプレジデントおよび最高情報責任者を兼任。Bank One 入社前には、1985 年から 2001 年まで First Union Corporation(現在の Wells Fargo & Co.)で最高情報責任者を務めていました。Adams はこれまで、KeyCorp(NYSE:KEY)、Enbridge Inc.(以前の Spectra Energy, Inc.)、Dun & Bradstreet Corporation、CommunityOne Bancorp、First Niagara Financial Group, Inc. でも取締役を務めました。

Daniel (Dan) F. Akerson

Akerson は ARRIS 買収後に取締役メンバーに加わり、当社の指名および企業ガバナンス委員会を担います。2014 年 3 月から 2015 年 12 月までの間、The Carlyle Group の副会長を務めていました。2011 年 1 月から 2014 年 1 月に退職するまでの間は、General Motors Company の取締役および最高執行責任者を務めました。General Motors Company の取締役には 2009 年に選任され、2010 年 9 月から 2014 年 1 月まで最高執行責任者を務めました。General Motors Company 参画前は、Carlyle Group の常務取締役として、2009 年 7 月から 2010 年 8 月まではグローバル企業買収の責任者として、そして 2003 年 6 月から 2009 年 6 月までは米国企業買収の共同責任者としての役割を果たしました。現在は米国海軍兵学校基金の会長、Lockheed Martin 社の取締役、情報サービス会社である KrolLDiscovery, LLC の会長として活躍しています。

Campbell (Cam) R. Dyer

Dyer は、ARRIS 買収後に当社取締役に再度加わり、当社報酬委員会での勤めを果たしています。2011~2016年の間、取締役を務めていました。現在は、2002年に入社した The Carlyle Group のグローバル・テクノロジーおよびテレコミュニケーション(TMT)の常務取締役兼共同責任者です。Carlyle 参画前は、プライベートエクイティファームの William Blair Capital Partners のアソシエイト、Bain & Company のコンサルタント、Bowles Hollowell Conner & Co. の M&A 部門のインベストメントバンキング・アナリストなどの経歴があります。なお、Dyer は ION, ProKarma および Workforce LogIQ. の取締役も務めています。

Marvin (Eddie) S. Edwards, Jr. ¹ ²

Edwards は 2011 年に当社の会長兼最高責任者となり、取締役会の一員となりました。2010 年から 2011 年まで、Edwards は当社の社長兼最高執行責任者を務めました。これ以前には、2007 年から 2010 年まで、当社の事業開発部のエグゼクティブ・バイスプレジデントとワイヤレスネットワークソリューション事業部の部長を務めました。また、2005 年から 2007 年まで、事業開発部のエグゼクティブ・バイスプレジデントおよび当社の完全子会社である Connectivity Solutions Manufacturing LLC の会長を務めました。このほか、Edwards は過去に OFS Fitel, LLC および OFS BrightWave, LLC(当社と古河電気工業の合弁会社)の取締役社長兼最高経営責任者も務めました。Alcatel North America Cable Systems および Radio Frequency Systems の社長など Alcatel 関連企業のさまざまな役職も経歴しています。

Stephen (Steve) C. Gray

Gray は 2011 年に当社の取締役に就任。報酬委員会の委員長も兼ねています。Gray は 2015 年から 2018 年まで Syniverse Holdings, Inc. の社長兼最高経営責任者を務めました。同役職は 2014 年 8 月から 2015 年 2 月までにも暫定的に務めていました。また、2007 年から 2015 年まで、Carlyle Group のシニアアドバイザーを務めました。また、プライベートインベストメント会社である Gray Venture Partners, LLC の創業者および会長でもあり、1992 年から 2004 年まで McLeodUSA Incorporated の社長を務めました。McLeodUSA への入社前には、1990 年から 1992 年まで MCI Inc. のビジネスサービス担当のバイスプレジデントを務め、これ以前の 1988 年から 1990 年まで、TelecomUSA でナショナルアカウント・アンド・キャリアサービス担当のシニア・バイスプレジデントを務めました。また、1986 年から 1988 年までは、ClayDesta Communications Inc. など Clayton W. Williams の複数の関連企業や WilTel Network Services で販売管理に関わる役職を経験しました。Gray は現在、ImOn Communications, LLC、SecurityCoverage, Inc. 、Involta, LLC および HH Ventures, LLC の会長を務めています。また Syniverse Holdings, Inc. の取締役も務めています。さらに Insight Communications, Inc. でも取締役を務めました。

L. William (Bill) Krause

Krause は 2011 年、当社の取締役に就任。報酬委員会と指名およびコーポレートガバナンス委員会にも名を連ねています。プライベート・アドバイザリー・アンド・インベストメント・ファームの LWK Ventures では 1991 年から社長を務めています。また、現在、Carlyle Group のシニアアドバイザー、Andreessen Horowitz のボードパートナーでもあります。さらにグローバルネットワーキングカンパニーである 3Com Corporation の社長兼最高経営責任者を 1981 年から 1990 年まで、会長を 1987 年から 1993 年まで務めています。現在、Krause 氏は情報管理の分野をリードする非上場企業 Veritas Holding, Ltd. の取締役会長を務めています。Krause は以前、Brocade Communication Systems, Inc.、Coherent, Inc. Tetra Tech, Inc.(NASDAQ:TTEK)の取締役であり、COHR)、Core-Mark Holding Company, Inc.、(NASDAQ: Sybase, Inc. の取締役を務めました。

Joanne M. Maguire

Maguire は 2016 年に取締役に就任し、指名およびコーポレートガバナンス委員会の委員長も兼ねています。 また、2006 年から 2013 年までは国家安全、民生、企業向けに先進技術を提供する Lockheed Martin Space Systems Company(SSC)のエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めました。Lockheed Martin には 2003 年に入社し、2006 年には SSC におけるリーダーシップを担うようになりました。Lockheed Martin 入社以前、Maguire は TRW の宇宙およびエレクトロニクスセクター(現在は Northrop Grumman の一部)でエンジニアリングアナリストからバイスプレジデント兼当セクター CEO 補佐に至るまで幅広い役職を歴任し、プログラム、エンジニアリング、先進技術、製造、ビジネス開発などでリーダー的役割を担いました。Maguire は Visteon Corporation(NASDAQ:VC)、Charles Stark Draper Laboratory、Tetra Tech, Inc.(NASDAQ:TTEK)の取締役であり、かつては Freescale Semiconductor, Ltd. の取締役も務めていました。

Thomas J. Manning

Manning は 2014 年に当社の取締役に就任。監査委員会の委員でもあります。彼は現在、ハーバード大学の Advanced Leadership Initiative のフェローです。Manning は、2018 年 2 月から 2018 年 8 月までの間、Dun & Bradstreet の会長兼臨時の経営最高責任者を担い、その後 2018 年 8 月から 2019 年 2 月まで最高経営責任者を務めました。このとき、会社は民営化および売却取引を完了しました。この経営の役割の前は、2013~2016 年まで取締役を務めましたが、その時、指名およびコーポレートガバナンス委員会の筆頭取締役および委員長となりました。彼は、2012 年からシカゴ大学ロースクールの法律の講師として、コーポレートガバナンス、プライベートエクイティ、米国 - 中国間関係、革新的なソリューションなどのコースを担当していました。また、Manning は Conference Board と Nielsen の合弁会社であり、Waterstone Management Group の提携パートナーでもある Demand Institute のシニアアドバイザーです。これ以前には、2010 年から 2012 年まではグローバルプライベートエクイティ企業 Cerberus Capital Management の子会社である Cerberus Asia Operations & Advisory Limited の最高経営責任者として活動していました。2005 年から 2009 年までは Indachin Limited の最高経営責任者として、2005 年から 2010 年までは China Board of Directors Limited の会長として、2003 年から 2005 年までは、Bain & Company のシニアパートナー、Bain の China board のメンバー、Bain のシリコンバレーとアジアにおける情報技術戦略実施のリーダーとして活躍してきました。さらにこれに先立ち Manning は、1996 年から 2003 年まで、Capgemini の戦略 & テクノロジービジネスのグローバルマネージングディレクター、Capgemini Asia Pacific の最高経営責任者、Ernst & Young Consulting Asia Pacific の最高経営責任を務めており、アジア全体でのコンサルティング、IT サービス、アウトソーシングビジネスの開発を担当していました。キャリアの初期には、Manning は McKinsey & Company、Buddy Systems, Inc.、CSC Index に所属していました。また、Manning は Clear Media Limited の取締役(報酬委員会委員長)、および Cresco Labs の理事兼会長でもあります。以前は、iSoftStone Holdings Limited、GOME Electrical Appliances Company、AsiaInfo-Linkage, Inc.、Bank of Communications Co., Ltd の取締役も務めました。

Claudius (Bud) E. Watts IV

Watts は 2011 年に当社の取締役に加わり、2017 年 11 月には主席独立取締役に就任しました。報酬委員会と指名およびコーポレートガバナンス委員会にも名を連ねています。また個人投資家でもあり、2017 年までパートナーであった Carlyle Group のシニアアドバイザーも務めています。Watts は 2004 年に Carlyle でテクノロジーバイアウトビジネスを立ち上げ、2014 年まで同ビジネスの指揮を執りました。2000 年に Carlyle 入社する前は、First Union Securities, Inc. の M&A 部門でマネージングディレクターを経験。First Union Securities, Inc. には、プリンシパルを務めていた Bowles Hollowell Conner & Co. が同社に買収されたことで入社していました。ビジネスキャリアを始める前は、Watts 氏は 8 年間、米国空軍で戦闘機のパイロットを務めています。また、Carolina Financial Corporation(NASDAQ:  CARO)の取締役会長でもあるほか、またそれ以前には、20 年以上にわたってその他多くの公共機関および企業の取締役を務めてきました。

Timothy T. Yates

Yatesは 2013 年の当社の新規株式公開(IPO)の後に取締役に就任。監査委員会の委員長でもあります。Monster Worldwide では 2007 年から 2013 年までエグゼクティブ・バイスプレジデントを務め、2007 年から 2011 年までは最高財務責任者を、2014 年から 2016 年までは最高経営責任者を務めました。さらに 2007 年から 2016 年まで上場企業 Monster Worldwide, Inc. の取締役も務めました。これ以前には、2006 年から 2007 年まで Symbol Technologies, Inc. のシニア・バイスプレジデント、最高財務責任者および取締役を兼任。2007 年 1 月から 2007 年 6 月までは、Motorola, Inc. のエンタープライズ・モビリティ事業への Symbol の統合を担当し、2005 年 8 月から 2006 年 2 月までは個人コンサルタントとして Symbol に協力。2002 年から 2005 年までは、ブティック型投資銀行の Saguenay Capital でパートナーおよび最高財務責任者を兼任していました。これ以前には、プライベートインベストメントおよびコンサルティング会社の Cove Harbor Partners に在籍。Yates は 1996 年の同社創業に携わった共同設立者でした。このほか、1971 年から 1995 年にかけては、Bankers Trust New York Corporation で財務および総務の最高責任者(1990 年から 1995 年)など、数々の上級管理職を経験しています。

1 セクション 16 の役員。

2エグゼクティブ・サステナビリティ・カウンシルのメンバー。

Powered By OneLink