ネットワークで繋がった効率的なサービスプロバイダー向けデータセンター

より大きな帯域幅を確保できるデータセンターへ

新規にデータセンターを構築するにせよ、従来のデータセンターと中央局の機能をひとつの施設にまとめるにせよ、物理レイヤ―のインフラは帯域幅の急激な拡張をサポートできるように設計されなければなりません。ソフトウェア特定ネットワーキング (SDN) やネットワーク機能仮想化 (NFV) といった新技術には高帯域と低遅延のコネクティビティが求められます。そこで、帯域幅の拡大やインフラストラクチャーのアップグレードの際には、信頼できるソリューションが必要です。

コムスコープでは、お客様の期待に応える質の高い拡張可能なデータセンター向けソリューションが必要とされていることを理解しています。だからこそ、当社はデータセンターの専門家や標準化機関、ハードウェア業者とともに、スマートで信頼できる、コスト効率の高いオプションを作り続けています。

たとえば、コムスコープは、光配信フレーム (ODF)、SYSTIMAX® 構内配線ソリューション、および 配備を迅速に行いデータセンター機構を改善するFiberGuide® オーバーヘッド配線管を提供しています。

また、自動インフラストラクチャー管理 (AIM) システムによりインフラと接続性にリアルタイムでアクセスでき、効率性を高めます。

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。