言語を選択してください

屋外セル基地局

屋外施設のパフォーマンスを最大限に

消費者の帯域幅に対する需要が増加の一途を辿る中、屋外セル基地局の状況ははますます切迫したものになってきています。RF テクノロジーの進歩は、事業者の既存ネットワークに新たな機材の追加を強います - さもなければ、顧客を失うこととなります。

既設のセルサイトにサービスを追加することはコスト効率には優れますが、時間と共にタワーが手狭となり難しいものとなります。

コムスコープにおまかせください。当社の屋外セル基地局ソリューションは、時間と費用を節約しながら効率的かつ効果的にキャパシティを最大化します。その互換性が特長で、下の例に挙げるものをはじめ、どのような屋外アプリケーションにでも使用することができます:

  • マルチ、およびシングルキャリアー
  • モノポール
  • 屋上
  • 鉄塔

ネットワークの成長を助ける技術革新、ソリューション、サービスで広がる可能性

 

以下に向けたソリューション
屋外セル基地局

詳細をご覧ください。

ホワイトペーパー:ネットワーク最新化を成功に導く鍵:FTTA

RRU に対応し、セルタワー容量を拡大するために光ファイバー技術へ移行しなければならない今日のワイヤレス事業者が、FTTA アーキテクチャを主要戦略とする理由をご覧ください。
発行日: 2017年9月5日
地域:グローバル

記事:新しいサイトの設置で複雑さ、時間、コストをカットするための 5 つの方法

サイト設置におけるタワートップの複雑さ、過密なロールアウトスケジュール、予算の制限によるコストのかかる影響を低減するために役立つ 5 つの方法についての詳細をご覧ください。
発行日: 2017年9月5日
地域:グローバル

記事:予防・導入・移行:スペクトラム効率改善の 3 つの柱

スペクトラム効率の最適化は、ワイヤレス事業者にとって大きなプライオリティとなっています。これはスペクトラムの購入のプロセスが難しく、多額の費用がかかるためです。スペクトラムへの投資の ROI を最大化するために、コムスコープがどのようにお手伝いできるかをご覧ください。
発行日::2017年8月17日
地域:グローバル

ホワイトペーパー:ネットワークキャパシティ最適化のための実践的フィールド設置例付き計画ガイド

本書は、セルラーネットワークキャパシティを最適化するためにお客様がどのように基地局の RF コンポーネントの選択し、活用すればよいかを解説するものです。
発行日: 2017年6月14日
地域:グローバル

記事:干渉:1 つの大きな問題と 5 つのシンプルなソリューション

コムスコープでは、障害の原因となる可能性のあるほとんどの場所で利用できる、さまざまな干渉回避ソリューションを提供しています。コムスコープのソリューションがネットワークの干渉を抑えるために役立つ 5 つの方法をご紹介します。
発行日:2017年1月25日
地域:グローバル

ヒント集:アンテナ技術でネットワークパフォーマンスを最適化するヒント Top 5

さまざまな Argus® マルチバンド、マルチポートアンテナの高低両方の帯域で利用可能なウルトラワイドバンドのアンテナ技術を導入することで、新しい周波数の可能性にフルに対応することができます。
発行日:2017年1月24日
地域:グローバル

1 2 前へ 次へ 
2017年8月29日

メトロセルの配備を簡単にするには

どのメトロセルソリューションが要件に合うかわからない場合に、 必要なものはオプションかもしれません。このブログ記事で、Mike Fabbri は、成功の鍵となるのは柔軟性であると述べています。新しいメトロセル計画ツールを使用すれば、お客様のニーズに一番合ったコムスコープの設備を検索することができます。
2017年5月15日

セルサイト・ストーリー:CALA 低バンドスペクトラムミックス向け干渉緩和フィルター

ローカルニーズをサポートするために、コムスコープは特定のワイヤレス市場のニーズに対応して調整できる一連の干渉緩和フィルターを開発しました。このブログ投稿では、こうした能力がカリブ海とラテンアメリカ "Caribbean and Latin American (CALA)" の通信業界にどのような影響を与えているかについて、Cesar Calderon が解説しています。
2017年5月4日

米国のワイヤレス業界がどのようにして 500万ドル削減できたか

米国のワイヤレス業界では、ある金属の小片を利用することにより、最大500万ドルを削減することができました。その金属とは、コムスコープの新しい SnapStak Plus ハンガーです。設置作業の全行程にかかる時間を短縮できたことで、かなりのコスト削減につながりました。Chris Stockman によるビデオブログでは、簡単に使用できる当製品についてご紹介します。
2017年2月24日

コムスコープが #MWC17 に参加:数多くのネットワークソリューション

5G への進化に伴い、セル基地局、基地局セクター、集中型 RAN およびクラウド RAN の増加に加え、全体的なファイバーも増加することになります。いつもながら、ネットワークへの容量の追加は依然として重要です。コムスコープは、Mobile World Congress 2017 にて、次世代のセルラー向けのソリューションに関する展示やディスカッションを行います。このブログでは、Philip Sorrells が、ワイヤレス業界の主要イベントである #MWC17 の開催に先立ち、同イベントへのコムスコープの参加内容についてご紹介します。