言語を選択してください

中央局およびヘッドエンド

帯域幅と容量が増え続ける中、機敏性のあるインフラストラクチャーが必要です。

大抵の場合、サービスプロバイダーが変更を加えなくてはいけないエリアは中央局 (CO) あるいはヘッドエンド (HE) になります。FTTH および DOCSIS 3.1 が勢いを増す中、屋外施設と CO/HE 両方の中では新しいファイバーが絶え間なく追加されています。

更に、新たなトレンドや技術が CO/HE の進化に重要な影響を与えることが予測されています。

当社のソリューションは高密度でモジュール式です。当社の光配線盤 (ODF) が SC、LC、MPO カセットなどの複数の接続オプションと省スペースを提供します。 実際当社では、業界でも最高密度の LC あるいは小型フォームファクタのコネクタを提供しています。

当社のソリューション内の接続オプションの増加により、貴社で需要に基づいた容量の拡大と、新しいアプリケーションやサービス導入のスピードアップが可能になります。

 

詳細をご覧ください。

記事:SDN と NFV によりネットワークコンバージェンスを容易に実現

SDN と NFV により、コンピュータやストレージ機器の単一プールへ接続する単一アクセスネットワークが可能になり、バーチャルネットワーク機能を実行できます。
発行日: 2017年2月8日
地域:グローバル

ホワイトペーパー:ファイバーケーブル管理の基礎

ファイバーケーブル管理はネットワークの信頼性、パフォーマンスとコストに直接影響します。
発行日:2016年1月12日
地域:グローバル

ホワイトペーパー:新しい NG4access ODF プラットフォーム

コストを大幅に抑えながら適切なアクセス提供、柔軟性、管理性を実現する一方で、ファイバーフレームの光学密度を増すにはどうしたらよいか?
発行日: 2015年12月28日
地域: NAR

ホワイトペーパー:あらゆるファイバーネットワーク向けの新しいファイバー導入アプローチ

ラピッドファイバーパネルなどのソリューションは、新しいファイバーを追加する際、プロセス全体が迅速に進むよう設計されています。配線を正確な長さで行うことができ、架空ケーブルが混雑しにくいことから、サービスプロバイダーは両方の課題対応ができるようになります。
発行日: 2015年12月28日
地域: NAR

ホワイトペーパー:ファイバー情報通信ネットワークが持つ柔軟性の意味とは

中央局や POP の ODF は、コスト効率に優れた最新の機能や将来的な新しい技術の導入、そしてネットワークのリーチ拡大を保証するものを選ぶ必要があります。
発行日:2015年10月27日
地域:グローバル

インフラストラクチャー・アカデミー・コースで詳細をご覧ください。