DEV1 からのテスト

中央局およびヘッドエンド

帯域幅と容量が増え続ける中、機敏性のあるインフラストラクチャーが必要です。

大抵の場合、サービスプロバイダーが変更を加えなくてはいけないエリアは中央局 (CO) あるいはヘッドエンド (HE) になります。FTTH および DOCSIS 3.1 が勢いを増す中、屋外施設と CO/HE 両方の中では新しいファイバーが絶え間なく追加されています。

更に、新たなトレンドや技術が CO/HE の進化に重要な影響を与えることが予測されています。

当社のソリューションは高密度でモジュール式です。当社の光配線盤 (ODF) が SC、LC、MPO カセットなどの複数の接続オプションと省スペースを提供します。 実際当社では、業界でも最高密度の LC あるいは小型フォームファクタのコネクタを提供しています。

当社のソリューション内の接続オプションの増加により、貴社で需要に基づいた容量の拡大と、新しいアプリケーションやサービス導入のスピードアップが可能になります。

 

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。


インフラストラクチャー・アカデミー・コースで詳細をご覧ください。