バックホールソリューション

長期使用に耐えるバックホールの構築

専門家は 2019年までにワイヤレス・データ・トラフィックは 10 倍になるだろうと予測しています。これは、モバイル事業者として、お客様のバックホールを構築またはアップデートし容量拡張する必要があるということを意味しています。

エンド・ツー・エンド・ソリューションのプロバイダーとして、当社はお客様の予算と帯域需要に見合うワイヤレスと有線バックホールソリューションをフルレンジで提供します。コムスコープは帯域再利用の強化、干渉に対する耐性、コスト削減への可能性を実現するマイクロ派アンテナの次の世代を製造することを誇りとしています。最高峰レベルのエンジニアリング・プロフェッショナルで構成された当社のチームが、お客様のワイヤレス・バックホール・ソリューションを成功裏に計画、管理、導入するための専門知識と経験もご提供できます。

天候、地形、距離、帯域幅の都合で有線バックホールのほうが適している場合に対応するため、低価格で柔軟性が高く、速度があるネットワーク基盤の構築を可能にする革新的ファイバー接続ソリューションをフルレンジでご用意しています。実際、当社の小型かつ軽量なケーブルが加わり、今日のインテリジェント導入戦略としてのファイバーバックホール投資は、今後何年にもわたって必要となる容量をすべてまかなうと同時に低い総所有コスト(TOC)を実現するでしょう。

以下に向けたソリューション
バックホール

注目のコンテンツ

詳細をご覧ください。