言語を選択してください

ブロードキャスターの注文ガイド

600 MHz から移行している米国の放送局にとって、コムスコープの HELIAX® ポートフォリオは屋外 RF 配線ニーズに対するトップソリューションです。
発行日: 2017年6月6日
地域:グローバル

パンフレット:HELIAX 規格品選択ガイド 2017

コムスコープの HELIAX 製品ラインでは、さまざまな条件下でテストされた PIM ジャンパーから 4.3-10 コネクタ、そしてケーブルアセンブリ、ツール、コネクタ、ブレードキットなど、あらゆる製品を提供しています。
発行日: 2017年4月12日
地域:グローバル

HELIAX 4.3-10 ツールとコネクタマトリックス

コムスコープの HELIAX 4.3-10 ツールとコネクタマトリックスはワイヤレスケーブルと 4.3-10 コネクタ設置の準備に必要なツールに関する役立つガイドです。
発行日:2017年1月19日
地域:グローバル

2017年8月21日

FTTA PowerCalc ツールの 2 つのアップデート

FTTA 導入を適切に行いたいとお考えなら、 コムスコープの FTTA PowerCalc をぜひご活用ください。このツールは、2017年3月の公開入以来、FTTA 導入に適したサイズの電源ケーブルを選ぶために多くのお客様に使用されています。このブログでは、Mike Schaefer が、アップデートされたばかりのこのツールをご紹介します。
2017年5月4日

米国のワイヤレス業界がどのようにして 500万ドル削減できたか

米国のワイヤレス業界では、ある金属の小片を利用することにより、最大500万ドルを削減することができました。その金属とは、コムスコープの新しい SnapStak Plus ハンガーです。設置作業の全行程にかかる時間を短縮できたことで、かなりのコスト削減につながりました。Chris Stockman によるビデオブログでは、簡単に使用できる当製品についてご紹介します。
2016年7月13日

きれいにすべきか否か

ファイバーコネクタをきれいにしておくことは、ワイヤレスネットワークのパフォーマンス向上に欠かせません。埃だらけの状態でコネクタのインターフェースをきれいな状態にしておくのは至難の技です。ファイバーの芯の周辺に小さな埃があるだけでも大きな問題となり得ます。今日更新されたブログで、コムスコープが勧めるHELIAX FiberFeed の清掃手続きについてMarcus Ash が解説しています。コネクタをきれいな状態にするためのリソースのリンクも公開しています。
2015年12月14日

規格外のネットワーク製品を利用する価値はありますか?

低品質なケーブルアクセサリや構成要素は、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスや信頼性を損ねる恐れがあります。より安価かもしれませんが、長期的に見れば信頼性も低いものです。規格外製品は結局のところ、現場でのパフォーマンス性が低く、最初には予想しなかったようなネットワークパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。Jeff Epstein が本日のブログ記事で、例を交えて詳しく説明します。