言語を選択してください

記事:標準以下の後発品、そのリスクに値しますか?

commscope.com 標準以下の後発品、そのリスクに値しますか?低品質ケーブルアクセサリと構造用鋼のソリューションが、世界のネットワークにおけるパフォーマンスと信頼性を脅かしています。認定を受けていない製造業者と不正業者がノーブランド製品を安値で放出しています。その安値はリスクに値するのでしょうか。
発行日: 2016年12月27日
地域:グローバル

パンフレット:コムスコープ装置プラットフォームソリューション

コムスコープがお届けする装置プラットフォームソリューションでは、悪条件からの保護と設計上の柔軟性を達成しつつ、導入にかかる時間とコストを削減できます。
発行日: 2017年6月14日
地域:グローバル

パンフレット:迅速な配備ソリューション

コムスコープの迅速な配備ソリューションでは、グリッド、オフグリッドで複数の手法を用いて最低一時間でポールを設置することができます。
発行日::2017年8月16日
地域:グローバル

2015年12月14日

規格外のネットワーク製品を利用する価値はありますか?

低品質なケーブルアクセサリや構成要素は、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスや信頼性を損ねる恐れがあります。より安価かもしれませんが、長期的に見れば信頼性も低いものです。規格外製品は結局のところ、現場でのパフォーマンス性が低く、最初には予想しなかったようなネットワークパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。Jeff Epstein が本日のブログ記事で、例を交えて詳しく説明します。
2015年7月13日

LTE セル・サイトの敷設

パッシブ・インターモジュレーション (PIM) と呼ばれるパフォーマンスを損なうインターフェースの原因となるのが不適切な設置です。それは、コムスコープのサイトソリューション・サービスチームが何年も既存の LTE 施設のサイトオーディットを行って発見したことです。設置の不備は PIM を引き起こす要因となる不適当な接続に関連していることが多いです。詳細は、Mike Fabbri の今日のブログと LTE ベストプラクティス電子ブックのリンクで閲覧してください。
2015年6月30日

LTE 向け鋼鉄基礎

ワイヤレスインフラ業界では様々な要因により装置プラットフォームが鉄塔の基盤にある無線装置をサポートするために広範に利用されています。鉄鋼装置プラットフォームにはコンクリート構造を凌駕する数多くのメリットがあります。その最たるものが迅速な配備です。詳細は、Dale Heath のブログ投稿をお読みください。
2015年2月18日

メトロセルは一体どれだけ必要?

今日のブログ投稿で Mike Fabbri がメトロセルとワイヤレスネットワークにおけるその役割について解説しています。配備するメトロセルの数について、対費用効果の観点から分析しています。なおこのブログ投稿は、新しいライトポール向けメトロセル被覆ソリューションに関するコムスコープからの最近のプレスリリースの後になされたものです。