言語を選択してください

ポイント・ツー・ポイント・マイクロ波

 



パンフレット:FlexTwist® 導波管

導波管は、ポイント・ツー・ポイントおよびポイント・ツー・マルチポイントのデジタルリンクにおいては、極めて重要なリンクです。そのため、導波管の性能を数値により測定することは、 
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:マイクロ波バックホールソリューション

事業者は先を争って、急増するワイヤレスのカバレッジと容量の需要に対応しようとしています。そのため、サイトやアンテナ、セルの数は増える一方です。しかし、ワイヤレスネットワークの基幹部分であるバックホールも増やさなければなりません。バックホールの容量が十分でなければ、世界中にどれだけサイトがあっても良いネットワークは構築できません。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:Sentinel® マイクロ波アンテナ

単なる目新しいバックホールソリューションではありません。全く新しいバックホールストラテジー、Sentinel クラス 4 アンテナ
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

ケーススタディ:公衆携帯電話ネットワークにおける世界最長のリンク

コムスコープ、Aviat Networks と協力して休火山を持つ島国、トンガ王国で能動型マイクロ波通信リンクを構築
発行日: 2017年9月20日
地域:グローバル

マイクロ波アンテナ - FCC による最新のカテゴリー B2 フライヤー

2012年10月5日現在、米連邦通信委員会は帯域幅6、18、23 GHz でオペレータが小型で対費用効果の高いマイクロ波アンテナを配備することを許可しています。コムスコープは、最新の FCC による見解の変化を理解し、企業の収益性をすぐにでも改善できるよう、このソリューションについて要約をご用意しました。
発行日:2012年10月1日
地域:グローバル

パラボラアンテナのパス調整と交差分極

パラボラ式マイクロ波アンテナの調整には、調整原理を完全に理解していることが必要です。
発行日:2017年1月25日
地域:グローバル

1 2 前へ 次へ 
2017年2月2日

有望なイノベーション - Sentinel クラス 4 マイクロ波アンテナ

クラス 4 マイクロ波アンテナは、アンテナ放射パターンのサイドローブが非常に低く、隣接するアンテナとの干渉を最小限に抑えることができます。CommScope の Sentinel アンテナは、コスト効率に優れた初のクラス 4 適合アンテナでした。クラス 4 アンテナは、5G やモノのインターネットの到来に伴い必要不可欠となる、スペクトラムの効率的な使用と低干渉ネットワークを可能にした重要な要素です。このブログ記事では、コムスコープの最も有望なテクノロジーの 1 つであるこのアンテナについて詳しくご紹介しています。
2016年12月13日

マイクロ波アンテナサイドローブに関する史上最高のビデオ

本日のブロガー Jim Syme は、このコムスコープの新しいビデオが、マイクロ波アンテナサイドローブに関する史上最高のビデオであるかどうかはわからないと認めています。しかし、彼はそう思っていますし、実際に、マイクロ波アンテナサイドローブとは何か、マイクロ波ネットワークのパフォーマンスにとって重要である理由は何かを説明するうえで非常に優秀な仕事をしてるのは事実です。ビデオをご覧になり、その目でぜひお確かめください。
2016年11月18日

コムスコープのトップ・イノベーション:双反射鏡アンテナフィード-マイクロ波

本日のブログでは、コムスコープやコムスコープが買収した企業による過去 40 年間にわたるイノベーション・トップ 20 から、マイクロ波アンテナ向け双反射鏡アンテナフィードをご紹介します。双反射鏡フィードは、初の GSM ネットワーク展開中、激増する需要に対応するため、コンパクトなマイクロ波アンテナの大量生産を可能にしました。この歴史的イノベーションについて詳しく説明した John Cole による本日の記事をご覧ください。
2016年10月11日

理解しておくべきマイクロ波バックホールのインフラ

マイクロ波アンテナは、遠距離通信向けの優れたオプションとして注目されています。このテクノロジーのルーツは、通信における歴史的な発明にあります。マイクロ波の基礎について詳しく知りたい方のために、インフラストラクチャー・アカデミーが提供するコースについて James Donovan が説明します。